ゴルフ|フェースコントロールが上手くなるコツと練習法は?


スポンサードリンク



スライスしたり、右に出てしまうミスはフェースコントロールが出来ていない

お早うございます!~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

ゴルフでミスの原因は、ザックリいうと「思った方向に球が飛んでいかないこと」ですよね。

それを2つに分けると、左右のミスと上下のミスです。

上下のミスは、トップやダフリなどで距離の誤差が著しいことです。

左右のミスは、スライス、フック、打ち出しが著しくズレてしまうことです。

私の場合、左右のミスが多いです。

コーチからみると「フェースコントロールをもう少し上げないと上達しない」そうです。

私の周りの上級者を見ると漏れなく「フェースの扱い」が上手いです。

スイング中、ミスが出そうになると瞬間的にフェースコントロールをしてミスの幅を減らす方もいます。

本当に羨ましいスキルです。

どうすれば、フェースコントロールを体得できるかを訊いてみました。

クラブフェースがどちらかを向いているかを把握しているか?

今、クラブフェースがどちらを向いているか把握していますか?

コーチのそんな問いに思わず逡巡してしまいました。

出来るだけ目標方向に対して垂直に、と思っていますが、実際に左右にブレているのですから出来ていないってことです。

「それともう1つ、フェースコントロールは左右だけではありません。上下も意識していますか?

へ!?上下ですか・・・。あまり意識していませんでした。

「フェースの平面がどちらを向いているかを意識しなければいけません。例えば58°のSWを持扱う時、どれ位ロフトを立てているか、もしくは開いたときにどれ位のロフトが寝ているか、をイメージすることです」

確かに。フェースを開いたり閉じたりしたときに今ロフトが何°かは漠然としか考えていませんでした。

「厳密に今のロフトが何°かなんては、なかなか分かるものではありません。しかし、分かろうとすることがフェースコントロールの第1歩です。今日から意識してくだい」

フェースコントロールを感じることの出来る練習法は?

どうすればフェースコントロールできるかをコーチに訊いてみました。

「まずは、ロフト90°を知ることです」

90°?つまり地面と平行ってこと?

「そうです。極論ですが、インパクトは90°以下になります。そこからどれ位立っているかをイメージするといいと思いますよ」

て、ことは、

リフティングが遊びながら、いい練習になります。ちゃんと地面と平行にならないと真上に球は上がりませんからね」

実は、リフティングが苦手であまり上手く出来ません。

「フェースコントロールが格段に良くなる訳ではありませんが、感覚を養うトレーニングになります」


スポンサードリンク



更にフェースコントロールが身に付く練習法は?

練習場でフェースコントロールが身に付く練習法を訊いてみました。

「それは、片手打ちです。右も左もそれぞれ試してみてください

なぜ片手打ちが良いかというと、フェースコントロールを力づくで出来なくなるからです。

出典:GDO

男性の場合、どうしても無理やりフェースを合わせることをしてしまいます。

私は、左利きのくせに左の片手打ちが苦手です。

「右手はなかなか上手いんですが、左手は今一つですね。利き手の左がうまく出来ないことが、フェースコントロールの悪さしてるようですね」

利き手が悪いと余計にエラーが出てしまうことは、自明の理ですね。

こりゃ、左手の片手打ちを練習しなければ・・・。(;^_^A

まとめ

フェースコントロールがうまく出来ることで、特に左右のミスが軽減できます。

そのためには、フェースがどちらを向いているかを常に意識することです。

そのための練習法は、「リフティング」「片手打ち」です。

非常にシンプルな方法ですが、かなり役立ちます。

是非普段から練習して、フェース管理をモノにしましょう!

ではでは✋


スポンサードリンク