ゴルフ|アプローチ練習 便利なアイテムで上達お助け


スポンサードリンク




お早うございます。(^O^)/

アプローチ練習はやはり土の上から

 

アプローチ練習はやはり、土の上から打ちたいです。ということで、我が家から車で10分のゴルフ練習場に併設されてあるアプローチ練習場に週末通っています。

お値段は、1時間2,000円弱なのでチョット高めですがそれでも土の上から打ちたい!

近所のアプローチ練習場です

人口マットの上からでは感じることのできないミスやバンスの滑らす技術は実戦に近くないとわからないですものね。

何より、いきなり本番でアプローチするときの緊張感が激減します。慣れは大事ですよね。

アプローチで持っていくのはウェッジ3本



ワタクシはウェッジ3本だけ簡易バッグに入れていきます。

エッチラオッチラ重いバッグを持っていかなくて済むのでその点でもお手軽です。

本数は入りませんがスタンド付きなので手軽感は抜群です

チョット空いた時間に行けるし、球との慣れを掴むためには非常に意義のある練習だと思っています。
もうちょっと価格がリーズナブルなら何時間でもいるのになぁ。

アプローチ練習で非常に重宝しているアイテム

球は、使い古して傷がついたモノと中古ボールを追加購入したモノを合わせて使っています。

また他に練習している方と区別がつくように印をつけています。

先刻、言いましたようにこの練習場は、時間制で結構お高めの価格設定なので時間は有効に使いたいです。

その時に便利なのがコレ。

球を拾い集めるのにスゴイ時間短縮。⏰

あと屈まなくていいので腰にも優しい(#^.^#)

落ちている球に底を押し込むと筒の中に入ります。

で、全部拾い終わったら、上のボタンを押すと底がパカッ

こんな感じでサクサクと球を拾い集められる優れものです。

更に上から水を入れて球をジャブジャブ洗うこともできます。

 

アプローチは球を打っただけ上手くなる

「アプローチは数です」そんなことを以前あるプロコーチに言われました。

ですが、練習では上手くいってもなかなか本番ではそうならならないのが世の常です。( ノД`)シクシク…

それでもめげずに頑張らないと。

以前、ブログに書きましたが、「アプローチは球の高さを揃える練習をする」と書きましたが、人工マットより生芝の方が揃えるのが難しいです。人工マットはミスがぼやけるのでミスの程度が分かりにくいです。毎回同じように球にコンタクトしないとバラバラになってしまいます。

ブログ記事:「アプローチは高さを揃える」

それでも数をこなすことは大事ですね。

効率よく練習していきたいものです。

まとめ

色々な便利アイテムがあるので有効に使おう!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です