ゴルフ|パッティングで型にこだわるべき?


スポンサードリンク



パッティングが悪いとフォームを治したくなってしまう

おはようございます!~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

先日のラウンドでパッティングがメチャクチャでした。( ノД`)シクシク…

1m以内がことごとく外れてしまう。どんどん自信がなくなり、最後にはショートしてしまうという、ダメダメスパイラルに陥ってしまいました・・・。

そうなると、どうしても「フォームが悪いんじゃないか?」や「上げ方がおかしいじゃないか」など、色々と悩んでいじりたくなってきてしまいます。

そんなことでコーチに相談してみました。

「根本的のことがわかっていない」とコーチに一刀両断。

「まずはパッティングは水物と思ってください。レベルこそ違うがプロだって入らない時は入りません。そこでアレコレ考えすぎたら、スムーズにストロークなんてできませんから」

でも、フォーム(型)って大事でしょ?

型にはめすぎてしまうアマチュアはパッティングが上手くならない?

肩と腕で作る三角形や五角形を終始キープすることや肩でストロークするという基本は勿論大事なことです。

それは全て、「インパクトの再現性を高めるため」ということで、そのポイントをないがしろにしがち、です。

とコーチから厳しい一言。

型ばかりこだわっても、再現性が低ければ全く意味のないことになります。

よく見かけるアマチュアの方で、型にこだわるあまりテークバックが上がらなくなって、インパクト前後で緩んでしまいます。それでは絶対に入りません。

や、ヤバい、この前の自分かも・・・。(-_-;)

では、どこにポイントを置いたらいいのでしょうか?

パッティングで最も重要なポイントは?

何を最優先にしたらいいのか、コーチに訊いてみました。

ズバリ、インパクト時のフェースの向きです。多少スイングがブレても球とコンタクト時、目標方向に対してフェースが垂直であれば正しく転がります。

極端なことを言えば、ストロークはほぼ影響ないと思ってください。

兎に角、フェースの向き、これだけを主眼に練習してください。

チョットでもフェースの向きが正しくないと真っすぐ転がらない

そのために大事にしたいポイントは何でしょうか?

手とフェースの連動性です。パターのフェースと手を出来るだけ同調させるかがポイントです。手で球を転がすようにパッティングできれば、グッと精度が増します。

分かっているんですが、なかなかそれが難しいんですよ。

どんな練習をすればいいんですか?


スポンサードリンク



パッティングが各段に上手くなる練習法とは?

それは、片手でパッティングをしてください。片手でストロークすると普段いかに力任せでクラブを振っているかが分かりますよ。

本当だ。ヘッドの動きが不安定になる。

身体を使ってヘッドを上手く動かすことが出来るようになると、かなりパターの操作が上達しますよ。

私は、左利きで右打ちなんですが、それでも右手で打った方がいいのでしょうか?

プロでも、右打ちで左手主体の方もいます。しかし、やはり右手で扱った方がイメージが湧きやすいと思います。手の甲側よりヒラ側の方が転がしがスムーズにいきませんか?

確かに、手の甲で球を転がすなんてありませんからね。

ビックリしたのは、ほとんどヘッドが下から入り、右に押し出す球が出たことです。ショットをした時と同じミスの傾向が現れました。

手の使い方が、そもそも間違っていたようです。それを無理やり力で軌道を修正していたのが、この片手パッティングで分かりました。

まとめ

 

パッティングは、基本的な型はありますが、そればかりにこだわっては上手くいきません。

あくまでも「インパクトの再現性を高めるため」の型であります。

パッティングの最大のポイントは、「フェースと手の連動性」を高めること。

そのために一番有効な練習法は、「片手でパッティング」をすることです。

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です