ゴルフ|右肘の使い方でスイングが安定し飛距離が伸びる!


スポンサードリンク



振り遅れが突如出た理由とは?

お早うございます。~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

先日、練習をしていたところ、ダウンでどうもシャフトが寝がちになっていました。

当然、球は右に出やすくフェースが戻ってきたとしてもインサイドアウトの軌道になりやすいですから、フック気味になります。

それを見かねた私のコーチからアドバイスを受けました。

恐らく、多くの方も同じ悩みをお持ちの方もいらっしゃると思いますので紹介します。

上手くクラブを使いこなせている方には合わないお話かもしれません。何かの参考になれば、幸いです。

現代スイングのポイントは、いかに身体を動かさないかに掛かっている

コーチとお話の中でよく出てくるのは「現代スイングはいかに身体を動かさずに道具に仕事をさせるか」です。

再三、このブログ内でもお話ししていますが、クラブの進化が目覚ましくなっています。出来るだけクラブの性能を発揮させるか、スイングづくりの基本はそこにあります。

シャフトに安定したしなりをもたらす為には、安定した軸とそれに連動したクラブの使い方になります。

軸を中心にした回転運動をすると、クラブヘッドは常に身体の正面から外れてはいけません。

私は、左利きの右スイングなのでどうちらかというと右手は弱い方だと思います。多くの方は、右利き右スイングだと思いますが、そうなると力が強く器用な右手を使い気味になってしまいがちになると思います。

コーチ曰く「右手の使いたがりが安定度も飛距離も欠いてしまう」とのことです。

現代スイングは、いかに身体を使うか?ではなく、いかに使わないか?が肝になります。

現代スイングのキーワードはフェース管理

最近のスイングの主流は、フェース管理が重要です。最近のクラブはヘッドの剛性が上がったおかげでインパクト時の球の接触時間が極端に短くなっています。

フェースコントロールを管理しよう

フェースコントロールするには神主さんスイングがよい?

そのため、出球はフェースの向きのまま飛び出します。つまり、インパクト時に操作ができにくくなっています。

そのために、出来るだけフェースを開閉させない方が方向性の安定に繋がっていきます。

フェースを管理したいなら、更にクラブの動きも極力抑えた方がブレが少なくなります。

Dプレーン理論について

つまり上記した「ヘッドは身体の正面」にある方がフェースを含めた管理がしやすくなるのです。

Dプレーン理論

トップやダウンで右肘が身体からズレると全てがズレてしまう

右手を無意識に使おうとするとトップで右わきが開いてしまうことがあります。

アドレス時には、右肘は身体の正面にあるわけですから、右わきが開くということは右肘は身体の外側にはみ出てしまうので、その時点でズレが生じています。

大体がトップでクロス(シャフトが内側に入る)してします。

また、ダウンで右手を使ってしまうと、外から回ってくるか肘が球に向かって内に入りすぎてしまいます。

シャフトが立ちすぎるか、寝すぎるか、スイングプレーンがなくなってしまいます。

アドレス時から右肘の位置は常に身体の前にあることがポイントです。

右肘の位置を一定にさせる練習法とは?

始動からダウンにかけて、右肘の位置を一定にする練習法を教わりました。

まずはトップから。

「右手だけでスイングするのですが、左手の甲で右ひじの外側を押さえて始動からトップを作ってください」

私も試してみました。確かに右手の動きがかなり抑えられた感覚です。かなり窮屈な姿勢です。いいトップを作るには、しっかりと身体を回さないと深いトップにはなりませんね。今まではいかに手で無理にトップを作っているのを実感できました。

次はダウンです。

「ダウンにかけて外から回ってくる人はそのまま左甲で、内に入る人は今度は左手のひらで右肘の内側を押さえてください」

私の場合、ダウンの際内に入る傾向があるので、左手のひらで押さえながら試してみました。

なるほど、左手で押さえないとかなり内に入りシャフトが寝る原因が実感できました。

始動からトップにかけては、左手で身体の外に出ないように、トップからダウンにかけては身体の内に入らないように、が私の課題のようです。

言葉に語弊があるかもしれませんが、「手は上げて降ろすだけ」の意味が少しだけ理解できた気がします。

まとめ

器用で力のある右手は、スイングする際にも「使いたがり」ます。

現代スイングはいかに「身体の動きをシンプルに道具に仕事させるか」です。

スイング中は、終始手の位置はアドレス時点と変わらない方が、方向性も安定しシャフトのしなりを最大限に使えるので有効です。

その為に、右肘の位置を上記の練習法で理解して正しいポジションを体得しましょう!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です