ゴルフ|左の壁がスライスを招く!?勘違いがミスを誘発していた!


スポンサードリンク



また右プッシュが止まらない( ノД`)シクシク…

 

お早うございます!~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

最近、多忙でゴルフもままならない日々が続いていました。

練習の頻度もガックリと減ってしまって、それに比例して球のバラつきも大きくなっています。

特に、ヒドいのが右プッシュ( ノД`)シクシク…

あれれ・・・。身体が開いているのかな~。

身体の開きは、ヘッドが返ってこない元凶です。

左の壁を意識なくては・・・。

身体が開かないように、と気を付けたのですが、どうも右プッシュ、もしくは、フックが頻発(;´・ω・)

左の壁って何だ?左の壁はスイングの肝!

ゴルフスイングで左の壁が大事なのは周知のこと。

でも、何故左の壁が大事なのか?

捻転差と言う言葉を聞きますが、下半身から始動して上半身、クラブと順を追ってスイングすることで、シャフトのしなりやヘッドの加速が増加します。

結果、人間の筋力だけでは不可能なヘッドスピードが生まれます。

「ゴルフは道具の性能をいかに発揮させるか」が上達のカギです。

先に動き始めた下半身に追いつくためには、左の壁を作ってヘッドが来るのを待っていなければいけません。

一緒に回ったら、いつまで経ってもヘッドが追いつけませんからね。

左の壁を意識しすぎると逆効果になる?コーチに訊いてみた

で、コーチにスイングを診てもらいました。

「今、何を意識してスイングしています?」

右に球が出るので、左の壁を意識しています。

「それが原因ですね。」

え!?壁って作らなければいけないんじゃ・・・。

「左の壁を勘違いしているから、ミスが出るんです」

よくわからん・・・。(。´・ω・)?

左の壁を作る前に注意しなければいけないスイングのポイントは?

 

「自分のスイングを見てください」

あれれ?インパクト後に思いきりアウトに上がっている。(-_-;)

「左の壁を意識した結果です」

そうなんです。左の壁ばかり気にしたばかり、インパクト後の身体が止まっていました。


スポンサードリンク



右プッシュを治す身体の使い方とは?

「左の壁を意識することは大事ですが、身体の回転を止めてはいけません。フィニッシュで最低胸が正面に向くくらい回転してください」

なるほど。つい壁を意識しすぎて身体の回転が疎かになっていました。

「最近のクラブはシャフトが長くなってきたため、壁を意識しすぎるとヘッドが間に合わなくなることがあります。下半身主動が出来ているなら、しっかり回転する方を意識してください」

とコーチからのアドバイスでした。

実際に打ってみました。

おおっ!インパクト後ヘッドがインサイドに抜けていきます。球筋もほぼストレート。下からあおるような感覚も薄れています。

むうっ、ゴルフって難しいですねぇ。それにしても、次から次へとミスの元が出てきます。(-_-;)

まとめ

左の壁を意識しすぎるとスライスの原因になります。

理由は、回転が止まってしまうから、です。

その結果、インパクト後ヘッドが右に押し出す形になります。

下半身主動なら、左の壁よりも回転を意識した方が良い結果となりました。

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です