ゴルフ|現代スイングは「力み」があった方がいい?


スポンサードリンク




現代スイングは「力み」があった方がいい?

お早うございます!~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

少し、スイングのアンチテーゼ的な話をします。

先日、あるプロコーチとのお話の中でした。

スイングの軌道を安定させるポイントは何だ?と疑問をぶつけてみました。

「アマチュアの方は、力まないと緩みを勘違いしています。例えば手首を柔らかく、というと本当にグニャグニャにさせてしまい、ヘッドの挙動を不安定にさせてしまいます。」

つまり、トップでもクラブが垂れ、ダウンでもヘッドが極端に寝てしまい、インパクトでライ角がなくなってしまうような、手首の使い方をしてしまうということです。

「スイングの基本は、クラブに仕事をさせる、ことなんですが、手首がグニャグニャになってしまうとその性能が全く活かせなくなります」

では、手首は固めた方がいいのでしょうか?

「ライ角が変わるような手首の使い方は絶対NGです。スイングには大きく分けて2種類あります。1つはヘッドを上手く使う人、もう1つはシャフトを上手く使う人です」

とても興味深い話なので、詳しく聞いてみました。

力みと固定を勘違いしている

よく力みがNGというのは、前腕と上腕をギューッと力が入れることです。これでは、クラブも上半身も固まってしまいます。

そうなると、飛ばないので「腕の力」で飛ばそうとして手打ちスイングになってしまいます。

では、どこに力を入れるのか?

スイング中、アドレス時とインパクト時の球と身体の距離が変わらないのが理想です。

つまり、アドレス時の手首の角度と左肘がインパクト時に変わってしまうとそれだけでクラブは球に当たりません。そのエラーを調節するために上半身の前傾を変えたりします。エラーをエラーで補っている状態です。

それを解決するにはどうすればいいのか?

「手首と肘の関節をなくす」

肩から先が固定されれば、上半身を使って調節する必要はありません。

ちょっと難しい感覚かもしれませんが、筋肉は緩めるけど関節には力を入れる、ようにするということです。

こんなバンドも販売されていて、腕を殺すコツを覚えさせます。

よく「シャフトを鞭のように使え」と表現されますが、手首を固定させた方が鞭の先はしなります。必要な部分を固めた方が、道具の性能を更に活かせるのです。

ヘッドを使うか、シャフトを使うか、スイングは2つに分かれる

前述しましましたが、ヘッドを上手く使うスイングとシャフトを上手く使うスイングがあります。

予想がつくと思いますが、前述の内容は「シャフトを上手く使う」スイングです。

最近のクラブは、一昔前のクラブに比べて格段に性能が向上しています。特にシャフトはプロをはじめアマチュアにとっても飛距離を伸ばすことの恩恵を受けました。

シャフトの性能は飛躍的に進化している

また、ヘッドも剛性が上がり反発力も高くなっています。その代りインパクト時の球離れが速くなり、ボールコントロールが難しくなります。つまりフェースに当たった角度のまま弾は飛び出してしまうことになります。

フェースを上手く使うスイングとは、フェースローテーションを大きく使い、シャフト+フェースの開閉も上手く使って飛ばすスイングです。

重心距離の長いクラブが主流になって、かつ球離れが速くなるとなると、フェースコントロールが難しくなります。

クラブヘッドが大きくなりフェースの開閉がしづらくなる

最近のクラブに合ったスイングをするとなると、フェースローテーションを極力抑えシャフトの性能をフルに使った方が合理的です。

シャフトを鞭のように最大限にしならせて使うには、ジョイントである手首かつ連結部分である左肘を固定させた方が効果を発揮します。

「それじゃあ、クラブを上手く振れないじゃないか」と思われます。

そこで積極的に動かすのは「肩甲骨」になるのです。肩甲骨の開閉をして胸郭を捻じっていけば、上半身の動きは作ることが出来ます。

肩甲骨と股関節だけを動かしてスイングを完成させる

現代のスイングは、「より無駄な動きを省きクラブに仕事をさせるか」にかかっています。極力無駄な動きを省いていって必要な部分だけを動かす、上半身でいえば肩甲骨になるのです。

どうしても腕を使ってしまう方は、肩甲骨周りが硬く充分な捻転ができないことが多いようです。

そのためにも肩甲骨周りのストレッチは普段からおこなった方がベストです。

肩甲骨周りのストレッチ

下半身も実は股関節だけを動かすだけでスイングは作れます。

残りの動きは、それに連動したものになります。

ですから、肩甲骨周りだけでなく股関節のストレッチをおこなえば、あっという間に飛距離が伸びることもあります。

股関節のストレッチ

まとめ

現代スイングは、シャフトのしなりを最大限に使うことです。そのためには手首と肘を固めて「関節をなくす」くらいにした方が、鞭のようにしならせることが出来ます。

アマチュアの方は力まないを、緩めると勘違いしている方が多いようです。力みを取るはずが不安定にさせる原因となり、ライ角などが崩れてしまう原因になっています。

筋肉ではなく、関節に力を入れること

上半身で動かすのは肩甲骨と胸郭だけでスイングは作ることが出来ます。

但し、コーチからの一言

「最新のスイングは、フェースローテーションを極力抑えシャフトのしなりを使います。しかし、手首がうまく使えてフェースコントロールが出来る方がしっくりくるならそれもOKです。

肩甲骨や股関節の柔軟性と体幹も強度が必要なスイングです。

身体が硬かったり、筋力が不足している方には難しいかもしれません」

つまりフェースローテーションを極力抑えるか、積極的に使うかは、どちらも正しいことになります。

自分に合ったスイングを得て安定度と飛距離をアップさせましょう!

ではでは✋


スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です