ゴルフ|スコアアップお助け!短いクラブのとき何で球を右に置くの?


スポンサードリンク




お早うございます。(*゚ー゚)vオハヨ♪

短いクラブの時、なんで右足寄りに置くのでしたっけ?

身体の重心を基準に球位置をずらす

ドライバーは左足側に球をセットして、番手が短くなるにつれて右足側になる、って、何となく当然のようにしていました。

何故なのか?あまり深く考えていない方が多いと聞きました。

そのため、球のセット位置をを気にしないため、毎回違う位置になったり、段々と左

右に寄って行ってしまったりします。

ロフトが寝ているクラブは、左足に寄れば寄るほどコンタクトが難しくなる

特にSWなどのウェッジは右足寄りにしないと、逆に球にコンタクトするのが非常に難しくなります。

その理由は、ロフトが寝ているため、フェースの芯より先にリーディングエッジに当たりやすいからです。スイング中の最下点あたりだとインパクトゾーンが小さくなります。芯でコンタクトが上手くできずにトップの原因になります。

ライが悪いときほど右側にします。例えば、ベアグラウンドの時。ウェッジを使うということは、あまり距離を出したくないときです。やはり、避けたいミスはトップ。

最下点より手前でコンタクトできれば「厚い当たり」が可能になってミスが防げます。

右側に置く最大の理由は、何よりも「ダウンブロー」で捉えることができ、スピンのかかった球が打てることです。ウェッジは、飛距離を出すクラブではなく、ポイントに置くことが目的のクラブです。

そのために、ある程度スピンがかかった方がコントロールしやすいでしょう。

ただ、上からクラブを入れて、球を上げる感覚はなかなかつかめないものです。ワタクシも以前は、理解しているようで身体がいうことをきかず、すくい上げようとしていました。

練習場だと、人工マットだと打ち込めないので、ダウンブローで捉える練習は難しいですよね。

 

右足寄りでも上手く打てる練習方法

コーチに伺ったら、ほんの少しだけティアップをして練習するといいそうです。

これなら右足側に置いても打ち込めますね。球のずらし方を変えてみて出球の上がり具合やスピン量も色々試してみるのも面白いと思います。

 

プロの技はピンホールのように正確です

余談です。

ウェッジの場合右足寄り側に置く、とお話してきましたが、以前テレビで石川遼選手が見せた技のお話です。

アマチュアの方がロブショットを打ちたいときに、フェースの開きが大きいためそれにスタンスを合わせると、どうしてもカット打ちになりサイドスピンが掛かりすぎてしまう、悩みを相談していました。

石川選手は「サイドスピンをかけたくない場合は、左足側に球を置いてハンドレイトに構えてスタンスもほぼスクエアで振りぬけば、サイドスピンのないロブショットが打てますよ。ライがよければの話ですが」と答えていました。

実演してみます、といい、天を向くほどフェースを開きアドレス、ゆったりとしたスイングで、球の下にヘッドをきれいにくぐらせると、フワリと宙に上がりグリーン上にポトリと落としていました。

ハンドレイトに構えてあれだけフェースを開くと、球を入れる角度なんて殆どないと思うのですが、さすがプロ!という技でした。

そんな球が必要な場面はアマチュアにはまずありませんが、ゴルフのショットはこんなことも出来るのだと感心しました。

まとめ

短いクラブの場合、通常は右足側に置いた方がよいです。理由は、最下点近くでコンタクトすると、ロフトが寝ているため、芯より先にリーディングエッジが球当たりやすくなるから、と、スピンをより掛けたいのでダウンブローに打ち込みたいからです。

上から打ち込んで球を上げるのは、はじめは難しいですが、少しだけティアップしてゴルフ場と同じような条件で練習してみましょう!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です