ゴルフ|上達お助け アマチュアは本番が練習通りできない理由


スポンサードリンク




お早うございます。(^O^)/

 

ラウンド本番中で悔しがり、ぼやく人たち

「ナイスショット!」

知人が、非常にいい球でグリーンにオンさせました。カップ手前5mにキッチリ乗せています。

「あぁ、ちょっとショートしちゃったよ」照れ隠しなのか、本気なのか定かではありませんが、少し悔しがっています。

Exif_JPEG_PICTURE

ティグランドで、やや右にそれラフへ。しかし、右のラフならそれほど問題なくまずまずのドライバーショット。

項垂れながら、本人は非常に残念そう。

ラウンド内でよくある光景です。

 

本番に強くなる練習場の使い方とは?

変わって練習場。

今の座席は、1球打つごとにオートで次球がセットされます。

近くの打席の方が時間制なのか、出てくる球を休む暇もなく、黙々と打ち込んでいます。ほとんどムキになっています。(;^_^A

ワタクシのセンセイがその光景を見て、小声でアドバイスしてくれました。

「いいですか。練習では、闇雲に打たないでください。目標を見ずに上がってきた球をただ打つだけでは練習になりません。打つ前に毎回、必ず目標を小さく設定しください。左右も高さもです。出来たら、向こうのネットの網一目くらいまで。それくらい、集中しないと効果が上がりませんよ」

はじめは柱と梁の交差しているところなど分かりやすい所がよい
なる程、高さもですか。ワタクシ何となく左右の目標は狙っていましたが、高さは何となくでした。

高さがバラバラだということは、クラブの入り方が一定していないということ。

その内に低く打ったりして意識的に高さを調整の練習も出来るようになります。

最終的には、「あそこから網目何個分スライス」、なんてことも。

結果は、全くそんな風にはならないですが。(;^_^A

センセイいわく、出来る出来ないではなく、それくらい意識を高く持って1球1球打ってほしい、とのことです。

結果、どれ程ミスの度合いが生じたかを記憶することが大事だそうです。

 

アマチュアは練習とラウンドの意識がアベコベ

その流れで、話してくれました。

「多くのアマチュアは、練習での設定が甘すぎます。数打って、何発かナイスショットが出たら満足。その割にラウンドでは、結果に対して非常に厳しい。毎回100点満点のショットを求めます。80点くらいのショットでまとめられるラウンドをしてほしい。100を切るか切らないかのレベルの人は50点のショットでもOKとするラウンドができたら間違いなく上達します

以前、ツアープロの方にも聞いたことがあります。

試合中、自分の納得するショットは1ラウンドで70回前後のショットのうち2~3球。それで、いかにスコアをまとめるかが勝負なんだそうです。

 

まとめ

アマチュアは、練習では狙いが甘く、ラウンドでは結果に厳しい。プロや上級者は逆に練習では厳しく、ラウンドでは許容を持っています。
まずは、ラウンドで毎回80点のショットを目指し、多少のブレはOKとしよう!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です