ゴルフ|ドライバーの練習でスイングづくりするのはアリ?


スポンサードリンク




お早うございます。~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

正しいスイングづくりをしたいけど、なかなか安定しない

ラウンドによって、とても調子のいい日と散々な日がある方っていますよね?私も含めたアマチュアの方は大体がそうだと思います。

また、ドライバーがいいのにアイアンがイマイチ、なんて方も。

本当にそうなんでしょうか?

単にスイングが安定していなくて、偶々うまく行っただけなのでは、と思ってしまいます。

特にドライバーが調子いいというのは、スイングが下から入りがちでティアップした分のお陰で上手く当たってくれている、だけかもしれません。

下からクラブが入るクセがあるとフェースは開き気味になるし、インサイドから降りすぎる傾向があります。スライス、フック、ダフリ、トップあらゆるミスの起因となります。

元はといえばドライバーでそこそこ飛距離が出てしまうからいけない?

練習場でドライバーばかり練習をする方がいます。何を練習しても人それぞれなので、とやかく言うのも野暮ですが、ドライバーの球筋ばかり気にしているのが問題なのかもしれません。「グワーンと打って、向こうのネットの最上段まで!」なんて思いながら振ってしまえば、出球を高くしようとドンドン下からすくい上げるスイングになってしまいます。

そもそも、練習場のダンゴボール(レンジボール)は上がりにくいのですから、本球と同じ高さに打とうとすることも違う気がします。

以前記事にしましたようにドライバーはアッパーブローで打つのではなくアッパーブローになる時に打つのです。

ブログ記事:ドライバーはアッパーブローで打ては正しい?飛距離ダウンしている?

スイングですくいうちをしてしまう原因はドライバーが合っていないから?

「俺は、そんなに飛ばないから、10.5°のドライバーだな」「飛距離には自信があるから9.5°を使うよ」なんて話がよく聞こえます。

しかし、表示されたロフトだけで自分のドライバーを決めていいのでしょうか?

チョット話がそれますが、ロフト表示には2つの計測方法があります。

まずは「リアルロフト」といい、シャフトの軸線とフェース面で出来る角度です。

もう1つは「オリジナルロフト」といいソールとフェース面で出来る角度です。

つまり、メーカーによって表示の仕方をバラバラですし、同じ9.5°でも実際のロフトが違う場合もあるのです。

ですから余り表示のロフトだけを信用して購入しない方がよいかと思います。

シャフトにしても同じことが言えます。同じフレックス「S」の表示でも大きく違います。(このことについては、また改めて記事にします)

これらが原因で実際に打ってみたらなかなか上がらない、とします。すると「同じスペックなのに前より上がらないぞ」と思うと自然に下からクラブを入れて、すくい上げて打ってしまいます。

元々上がらない球筋のドライバーなのに自分の理想球筋に合わせようとして無理なスイングが生じてしまうのです。

練習で出来る安定したスイングを作る方法

以前記事にしました

ブログ記事:上達の近道 テンプラになる原因は、勘違いの可能性アリ?

で、テンプラ防止の練習法を紹介しました。実は、すくい打ちもこれでだいぶ矯正できます。出来るだけ低い球で実際にやってみると非常に難しい!どうしても上がってしまいます。

更にもう1つの練習法が「直ドラ」です。

今のクラブはヘッド体積が大きく地面から直接打っても芯まで届きません。また、すくい打ちだとクラブが手前で跳ねて、とんでもない球が出たりします。また、誰もが、スライスしか打てません。

余談ですが、石川遼選手が「ボクが直ドラをする場合、距離を稼ぎたいこともあるけど、絶対にフックが掛からないので、左が危険な時にも使います」と昔言っていた記憶があります。

地を這うようなライナーで、ややスライスを打っていると安定したスイングができるはずです。

私も偶にするのですが、何球も打った後少しだけでもティアップして打つと「こんなに簡単に上がるんだ!」とティの有難みをとても感じられます。(;^_^A

まとめ

ドライバーを飛ばそうと思うとどうしても下からクラブを入れがちになります。

安定したスイングを入れるには、まず、すくい打ちを治すことが大事です。そのためには本当の自分に合ったドライバーを見つけ、普段の練習から、少し矯正でもいいくらいの気持ちで治す努力が必要です。

余りナイスショットが出ない練習ですが、本番でナイスショットになるよう、頑張りましょう!私も練習します!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です