ゴルフ|初心者必見!1mを確実に入れるショートパット修得法


スポンサードリンク




お早うございます。~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

ショートパットが入らない!

ゴルフでよく言われる格言(?)があります。

「300ydのドライバーショットも1cmのパットも1打は1打」

1mのショートパットが確実に入るようになれば、スコアアップも目に見えてよくなりますし、アプローチも気が楽になります。

逆に自信がなくなると、1m弱のパットが残ったとき「OKくれないかな~」なんてネガティブな気持ちになって、決していい方向に向かうことはありません。

1m前後のパットで弱ければ曲がるラインが残ることがよくあります。そんな時、カップの向こうに当てて曲がる前に入れられたら、かなりスコアメイクが楽になります。但し、左右のズレを気にしだすとなかなか打つことが出来ません。1mを100回打って100回真っすぐ打てたら、嬉しいですよね。

因みにUSPGAのトップ選手たちは1mのパットは100%に近い数字だそうです。

ショートパットで外す原因は?

ショートパットでは、ストロークの軌道ではなく、「フェースの向き」が大きく影響します。つまり、左右にずれてしまうのは目標方向に対して垂直に球にコンタクトしていないからです。

1mの距離ならフェースの誤差は3°までOKと言われています。それでも、カップの左右にそれてしまうのは、かなりズレが生じている証拠です。

グリーン上では、左右のミスよりタテのミスを減らした方がパット数は格段に減っていきます。出来たら、パッティングの時は「タテ」に集中したいものです。

そのためにも普段のパターマットに練習では、「ヨコ」のズレをなくす努力をしましょう。

パッティングで正しくコンタクトできる練習法

パットのストロークは肩の動きで、と言われます。これは間違いありません。只、自分では正しく動かしているつもりでも、実は正しくないことがあります。

フェースが開いたり閉じたりして当たってしまう原因は、「手でパターを操作してしまう」ことが多分にあります。

自分では手を使っていないつもりでも、傍から見ると確実に動いている!なんてご指摘も。

私もその一人です。(;^_^A

コーチに教わったパッティングで手で操作しない練習法です。

「ドライバーなど長いクラブでパットの練習をしてください。グリップは普段のパターと同じ位置を握ってください。グリップでなくシャフトを持っても構いません。グリップエンドをお腹に付けてヘッドと身体の距離、位置、すべてが一定のままストロークしてください」

私の場合は、ユーティリティがしっくりきました。

身体とクラブを一体化してストローク出来るのが実感できます。所謂アンカーリングですね。実戦でやったらペナルティです。(笑)

私の場合、右に押し出す悪い癖があります。で、こんな風に右側に障害物を置いています。ウッドパッティングをすると、肩が前に押し出す動きになっていました。肩を上下に動かすつもりにすると、目標方向に転がっていきました。

このようなエラーは人それぞれだと思います。この練習法は、ストロークのズレ、身体の使い方の確認にもってこいです。実際に練習をしてみて確かめてください。

まとめ

1m前後のショートパットに自信がつけば、ゴルフはグッと楽になります。この距離は「左右にズレない」が命。フェースを目標方向に垂直にしてコンタクトすることがマストです。

そのためには、パターを手で扱わないことが大事です。そのためにも身体とパターが同化するようにしなければなりません。

普段の練習で左右のズレを減らし、ラウンドのグリーン上ではタテだけに集中できるようにしよう!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です