ゴルフ|腹筋の下を鍛えよう!腹直筋下部


スポンサードリンク




お早うございます。(*・ω・)ノ

 

腹筋はヘソの下にもある!

バッキバキの腹筋って憧れますよね(´∀`*)

でも大体見えている部分は腹筋の上の部分です。

腹直筋下部は、ヘソから下の部分であり、どちらかというと目立ちにくいです。

ただ、下半身の連動にも関与しているため非常に大事な筋肉です。

またよく言われるシックスパックがエイトパックになるのです!

腹直筋は上部と下部で上半身と下半身を繋げ支えています。

更にポッコリお腹もなくなりますし、腸の改善にも役立つと言われています。

非常に脂肪がつきやすい場所なんですが、ここのスッキリさせると身体の中心がスリムになりメリハリが出来ます。

ゴルフスイングの安定にもつながる腹筋

ゴルフに関しても、腹直筋は下半身の力を上半身に伝える筋肉の一つです。

以前記事にした腸腰筋とともに鍛えると更に倍!です。(古いか?)

ブログ記事:上半身と下半身を繋げる筋肉=腸腰筋

腹直筋の下部の鍛え方は腸腰筋のトレーニングと似ていますが、しっかり利いていることだけは意識してください。

 

家でもできる腹筋下部トレーニング

レッグレイズ

一番メジャーなトレーニング法です。

また、股関節を支点にして曲げて行います。

両脚を伸ばして仰向けになります。両手は身体の横に伸ばしておくと安定します。

膝を極力曲げずに両脚を天井に向かって上げます。その時、股関節から曲げて腹直筋の下部に訊いていることを意識しましょう。

ゆっくりと下げるのですが、大事なのは筋肉のテンションを緩めないことです。

パルスアップ

仰向けの状態で両脚を天井に向けて垂直上体を保ちます。

手は床につけ身体を安定させましょう。

そのまま、両脚を天井方向に上げます。膝を曲げないようにしてください。

下腹部とお尻の引き締めにも効果があります。

V字シット(V字腹筋)

仰向けになり膝を曲げずに脚を上げます。その時上半身も上げます。V字になるようにします。

これは上部も一緒に鍛えられます。

ドラゴンフラッグ

最高に難度の高いトレーニングです。ベンチがないとできないのと、かなり負荷が強いので、こんなトレーニングがあるんだ、くらいで結構です。

昔のアクションスターの「ブルース・リー」が行っていたといわれています。

かなりきつく、これが出来れば相当の腹筋力が見込まれます。

まずはベンチに仰向けになり、両手でベンチ脇をしっかりと掴み固定します。

上半身の筋肉を緊張させ、腹筋に力を入れて両脚を垂直になるまで上げていきます。その後、降ろしていくのですが、腰がベンチに着く直前で止めます。腰がベンチについたらアウト。腹筋が伸びたまま、また上げます。

本当にキツイです。初めてしたときは、腹筋が切れるかと思いました。(;^_^A

 

まとめ

腹筋はヘソの上だけではありません。

下側の部分も鍛えてポッコリお腹をなくし、キレのあるスイングを手に入れよう!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です