ゴルフ|アドレス時のグリップ位置でスライスが治る!逆K、Yの字どちらがよい?


スポンサードリンク




アドレス時点でスライスが出る原因がいくつもある

お早うございます!~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

今更なんですが、アドレスは非常に大事だな~、と思う今日この頃。

構えのズレによって、スライスが出ちゃう原因が現れることもあります。

よく言われるのが、肩や腰が開いている状態。

プロですらコーチに「アライメント合っている?」と常々確認しているそうです。

それ位アドレスはデリケートなものなんですね。

他にもスライスが起こり得る原因があります。それは、アドレス時のグリップ位置。私も色々試してみて、こりゃスライスしか出ぬわ、と実感したことがありました。

私もそうなんですが、アドレスってちゃんと確認しないとドンドン変わっていってしまうので、ある程度チェック箇所を覚えておくと「これがスライスの原因か」と分かるのは、いざという時の特効薬になるかもしれません。

アドレスの時にグリップ位置が逆Kの字とYの字がある

出典:ALBA

雑誌なんかでよく見かけますが、アドレス時点でグリップ位置によって球筋が変わるなんてことを紹介していることがあります。

左腕とクラブシャフトがほぼ真っすぐに構える「逆Kの字」と両腕の真ん中位に球をセットして構える「Yの字」です。

時折逆Kの字の方がよい、と書かれていますが、プロでもYの字の方がいますので、絶対に逆Kの字が正しいとは言い切れないと思います。

松山英樹選手などもYの字ですしね。

出典:みんなのゴルフダイジェスト

Yの字アドレスはスライスが出やすい

 

以前、トップ時で左手の甲側に折れてしまうとスライスが出やすいと書きました。逆に左手のひら側に折れるとフックが出やすい、とも。

左手の甲側に折れてしまうことを「カッピング」と言いますが、カッピングするとフェースが開くのでスライスの原因になります。

Yの字アドレスは、すでにカッピング状態になっています。つまりスライスが出やすいグリップ関係なんですね。

ダスティン・ジョンソン選手は、アドレス時点では左手甲側に折れていますが、始動からトップにかけて全く逆の左手のひら側に折れています。

出典:ワッグル

プロはこの辺りのアジャスト具合が絶妙なので、あのプロがこういうアドレスだから俺も真似してみよう、とやめた方がいいと思います。一部分だけを切り取って取り入れるのは、非常に危険ですね。

まずは、原理原則を知ってからだと思います。


スポンサードリンク




逆Kの字、Yの字はどちらが正しいかは個人差

コーチに訊いてみたのですが、逆Kの字、Yの字、どちらが正しいかはないそうです。

以前、何処かの記事で「手足の長い欧米人は逆Kの字、手足の短い日本人はYの字が向いている」と書いてあったのですが、一概に言えないと思います。

実際に、私の場合はYの字は全くダメでした。

Yの字にするとトップでシャフトがクロスしてしまう動きを誘発してしまいます。クラブの軌道が遠回りになってしまいます。

今度はダウンでアンダーに降りてきます。そうなると、右プッシュかチーピンしか出る気配しかありません。

これを逆Kの字にすると、アドレス時点から左手甲が地面側に向いているのでフェースが開くリスクが少なくなります。

トップでもカッピングする心配がなく、クラブヘッドの収まりもよくなりました。

また、逆Kの字はグリップ位置が前にある分ロフトも立ってきます。出球も低く抑えられる安心感があります。すでにハンドファーストに構えていますしね。

自分で色々試してみて、しっくり来る方をチョイス出来たら、と思います。

まとめ

アドレス時、グリップ位置とシャフトの関係性で逆Kの字、Yの字があります。

逆Kの字は球がつかまりやすいドロー系、Yの字はフェード系出る傾向があります。

プロでも双方、もしくは中間くらいに構える選手もいるので、どちらが正しいという訳ではありません。自分に合った方を選ぶ方がいいと思います。

少しスライスが出やすいな、と思ったらグリップ位置を変えてみるのも一つの手段かもしれません。

ではでは✋


スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です