ゴルフ|アゲインスト(向かい風)のときのポイントは?飛ばない以外に罠がある!


スポンサードリンク



誰もが嫌いなアゲインスト(向かい風)(´;ω;`)ウゥゥ

お早うございます!~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

以前フォロー風の記事を書きましたが、今回はアゲインスト風についてです。

フォローとは逆に一番嫌われているのは、「アゲインスト」だと思います。理由は勿論「飛ばないから」

確かに「いい当たり!」と思ったドライバーショットが普段より球が高く上がってしまい、全然飛んでいなかった、なんて経験誰もがあると思います。

また、チョット曲がったと思ったら、アゲインストに球がもろに当たって、ぐいぐいコースから外れてしまってショック!なんてことも。

風はどう吹いても厄介です、特に「アゲ」は気持ちも向かい風に・・・・・・。

全然話が違うのですが、ゴルフを始めた頃上級者が「結構アゲているな~」なんてボヤキを聞いて、「何が上がっているんだろう?」と思っていました。気分?テンション?やる気?⤴⤴⤴

向かい風なのに前向きだ、さすが上級者、と意味不明な感心をしていました。(笑)💦

アゲインスト(向かい風)の注意点は?

風向き、強さの判断の方法は、フォローの記事で書きましたので参考にしてください。

但し、アゲインスト(向かい風)のときに注意は、とにかく風の影響を受けやすいこと、です。飛ばない、曲がり幅も大きくなる、アマチュアには泣かされる非常に厳しいハザードです。

何故アゲインスト(向かい風)の方が、球の曲がりが大きくなるというと、フォローとは逆にスピン量を強めてしまう作用があります。

その為、浮力がついて球が吹き上がります。その為、余計に曲がり幅も増加します。

低く打ち出したとしても、スピン量が多いと予想以上に飛距離を食われることがあります。

私もパンチ気味に打って、出球は満点に近いショットが出来たのですが、途中からスピンがかかりすぎて鯉の滝登りのような球筋になってグリーン前に大幅にショートしたことがありました。

低く打つだけでは対処できないこともあります。

アゲインストの注意点は、高く球を上げないことは勿論、スピン量を減らすことも大事な注意点です。

ティグラウンド、ドライバーショットのポイントは?

球を低く、スピンをかけないように打つのがスタンダードな攻め方です。

その為には、まず一番に工夫が出来るのは「ティを低くする」でしょう。

低くすれば出球も低くなりますし、ヘッドの重心より下気味にコンタクトすることによって、球のスピン量を減らすことが出来ます。

更にグリップを短く持って、小さくコンパクトに振ることも有効です。

但し、ティが低いからと言って、打ち込みにいったら逆効果です。上からヘッドが入ってしまうとスピン量が増えてしまい更に飛ばなくなってしまいます。

ティを低くすること以外はいつもと同じようにスイングすることが重要です。

また、あえてティを高くして入射角を減らして、低いライナーを打つ、という高等テクニックでショットする人もいます。

かなり難しいですし、下手するといつもより高く上がってしまう危険もあるので、ちゃんと練習してからの方がいいと思います。

グリーンを狙うアイアンショットでのアゲインスト(向かい風)のポイントは?

アゲインストの場合、大トップ以外グリーンオーバーをすることは滅多にありません。

その分、大ショートはよくあります。

番手選びですが、アゲインストはフォローの2倍距離に影響すると言われるので、思ったより上げてみるのも手です。

「これ大きくね?」と思った番手でピッタリなんて経験はよくあります。風の強度によりますが、3番手くらい上げることもあります。

その代わり、グリップを短く持ってコンパクトに振ります。やはり、「グリップ短く持ち」は強いですね。

また、出来るだけスピンをかけないこともポイントです。そのためにスイングスピードを落としてショットすることもアゲインスト対策には有効です。

手前から転がして乗せる方が、リスクが少なくなります。

アゲインストにかかわらず、低い球で狙うのは、様々なシチュエーションで大活躍します。

まとめ

誰もが嫌な「アゲインスト」風。飛距離は出ない、球は曲がりやすい、アマチュア泣かせの風です。しかし、風を攻略しないと上達はありません。

当たり前ですが、まずは「アゲは飛ばない」とはじめから覚悟することが大事ですね。

できるだけ、低くスピンを極力抑えた球筋で攻めた方が想定外の方向に行くリスクが減ります。

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です