ゴルフ|グリーン周りのアプローチで寄せワンが取れる練習法


スポンサードリンク



グリーン周りのアプローチが上手くなれば、スコアが一気に縮まる

お早うございます!~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

「今日は調子悪いな~」と、ぼやくシングルさん。確かに普段に比べて、ショットが散っています。にもかかわらず、上がってみれば70台(;’∀’)

上級者の方って、ショットの好不調があります。それでもスコアをまとめる力が段違いですよね。

よくよく見ると、そういう時はパット数が少ないことが多いようです。パットが安定していることより、グリーン周りのアプローチをキッチリ決めて、寄せワンをとっていることが確実にスコアになっています。

逆に100以上叩いてしまう方は、ショットが良くてもグリーン周りで難儀してしまうことが多い傾向がありますね。

以前の記事で、簡単アプローチ方法を書きましたが、ライを限定するのでオーソドックスなアプローチもマスターすることも大事です。

しかし、どうしてもトップやチャックリがでてしまう・・・・・・。

どうすれば、グリーン周りのミスを減らせるのでしょうか?

グリーン周りのアプローチでトップ、ダフリの大きな原因は?

グリーン周りのアプローチでトップやチャックリのミスが出る原因は、だいたい決まっているようです。

コーチの方々に訊いても「緩み」「手打ち」と口を揃えて答えが来ます。

よく起こりうるパターンは、「インパクト時に手で合わせにいって、ミスをしてしまう」ことです。緩み、手打ち、ダブルのミスですね。

防ぐには、小さくても余計な個所を動かさずに身体の回転でしっかりとスイングすることです。

また、クラブが地面に刺さってしまうミスもあります。

これは、リーディングエッジを少しでも地面から浮かせて、バンスを接地させて打つことです。フェースを開きますから、そのままだと右に出てしまいますので、その分スタンスも開きます。

グリーン周りのアプローチでミスをしないコツは?

グリーン周りのアプローチでミスが出てしまう大きな原因は「緩み」「手打ち」と上記しました。

この2つを防ぐには、まず余計な部分を動かさないことです。動かしてはいけないのに動いてしまう箇所は、前傾角度とグリップ位置です。

頸椎(首の付け根)から腰椎(腰と背骨のジョイント部分)までを絶対に動かさないくらいの気持ちが必要です。このラインを動かさないようにすれば、自然と膝の動きも抑えられます。グリップもアドレス位置から終始同じ位置にあるくらいの気持ちで。実際は、身体が回転しているのですから、その分は動きます。

一番大事なのは、たとえ1ydでもしっかりとインパクトすることです。球のコンタクト部分も赤道よりやや下あたり、地面をバンスで削るつもりで。

以前、距離感は足し算でが大事と書きました。1ydの距離から伸ばしていく方が、アプローチの安定度はグッと増します。

私も1ydアプローチを練習したおかげで、短いキャリーのアプローチのミスが激減しました。

グリーン周りのアプローチが上達する練習法

私も一時期、1ydアプローチは結構な頻度で練習していました。

練習場でもマットを超えたすぐの地点に落とす練習をしていました。

この練習のデメリットは、「コストパフォーマンスが悪い」ことです。

時間制にしても、そればかり練習するのもマンネリで飽きてしまいます。

そこで、自宅のパターマットで練習し始めました。1ydキャリーでカップインさせる。コストパフォーマンスは抜群です。

但し、トップして何か壊してしまったら目も当てられませんが・・・・・・。

まとめ

グリーン周りのアプローチは、スコアをまとめるのに一番の近道かもしれません。

その為には、「緩み」「手打ち」を防ぐことが、ミスを抑えられます。

1ydの距離のアプローチを練習することで、足し算の距離感も養えます。

300ydのドライバーを飛ばすことを目指すより、1ydの距離を正確に打つことの方がスコアアップに直結します。

まずは、最短の距離をマスターしましょう!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です