ゴルフ|グリーン周りのアプローチは何が一番大事か?


スポンサードリンク




お早うございます。(*・ω・)ノ

 

グリーン周りからのアプローチ。1mに寄ってもミスと言われた

グリーン周りのアプローチって、何が目的かはっきりしていますか?

ワタクシの場合、そう言われてみると漫然とピン(カップ)を狙っていたような気がします。

以前に、トップアマさんとのラウンド中、別の同伴者がグリーンそばからランニングでカップを狙っていました。

状況は、ピンのすぐ横で右に切れていくライン。

ここから寄せワンならパーセーブ。よくある状況ですね

慎重に打った結果、1mくらいに寄せられたのでまあまあ満足の出来でした。

にもかかわらず、トップアマさんは少し難しい顔をしています。

その1mのパットは下りで微妙に切れるライン。かなり神経質になるタッチです。案の定、ラインが読み切れずカップ横を通過してしまいました。残念ながら2パット。

「今のボギーはアプローチのミスだね」トップアマさんは、アドバイスします。

結構寄っていたのですが、ダメなんだ。 (゚∇゚ ;)エッ!?

アプローチは、寄せた後ワンパットで沈めなきゃ意味がないんだよ。例え1~2mに寄せても難しいラインに残してはダメ。あれを入れる自信があるならいいけど、そう簡単なラインじゃなかったよね。そこまで理解して、アプローチしなきゃ」

難しいことを言いますな。

難しい1mもあれば、やさしい3mだってあることを覚えてほしい」とのことでした。

 

グリーン周りのアプローチではプロライン、アマラインを考える

昨日の記事と共通することがあります。

ブログ記事:プロラインとアマラインって何だろう?絶対にプロラインがいいの?

アプローチでも「寄せる」と「入れる」をはっきりさせることが大事だとのアドバイスでした。

ランニングアプローチの後、下りのパットを残したということは狙いどころを厚めに見ていたということになります。

つまりプロラインに狙っていったことになります。それは「入れ」にいっています。

通常グリーン周りのアプローチは、1打でカップインさせるより3打にならないようにする方が大事なことが多いです。

「寄せ」にいくなら、カップを狙わずにエリアを狙うべきです。この場合では、カップから見ると結果的に薄めに狙ったことになります。

黄色いエリアに置いておけば上りのラインが残る。入れにいくなら青だが、寄せワンなら赤の狙いの方がよい

常に次打を考える。アプローチに限らず、ゴルフでは大事な考え方だと思います。

 

まとめ

グリーン周りでも、「ここから何打で上がるか」を考え、置いておきたいポジションを見極めよう。

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です