ゴルフ|アプローチの極意!「飛ばさない」技術がスコアアップに繋がる!


スポンサードリンク




お早うございます。(*・ω・)ノ

 

ゴルファーの本能はあくまで距離を追い求めるが・・・・・・

ゴルファーなら、誰だって「もっと飛ばしたい」願望を持っています。スイング論を読み漁り、はたまた人によっては筋トレしたり、ストレッチに勤しんで柔軟性を求めたり・・・・・・。

道具だって、「ぶっ飛び」や「一番手違う」など飛ばしのコピーが、席巻しています。

何を隠そうワタクシも、「飛距離なんて二の次」だと嘯いていても、メッチャ筋トレしたりしていますから・・・・・・。(;^_^A

「飛ばす」ことより「飛ばさない」技術を覚える

あるプロコーチのお話です。

「アマチュアの方は、何が何でも飛ばすことに力を注いでいますが、実は飛ばさない技術を習得した方がスコアに直結するんです」とのこと。

アマチュアゴルファーなら誰しも経験されたことがあるでしょうが、グリーンの花道からトップして奥のOBやバンカーからのホームラン。スコアもヒドイことになるし、精神的にも凹みまくりですよね。

比率が違うので、一概には比べられないですが、ティショットで20~30yd飛距離が落ちても、まだ望みがありますが、グリーン周りで10ydオーバーしたらアウト!なんてことよくあります。

どうすれば、飛距離を抑えることが出来るか?

コーチの方のアドバイスです。

「アプローチで自信がないときは、SWを持つのはやめましょう。オーバーの原因は、トップすることが大半ですが、それ以前にストロークが大きいことがそもそもです。ミスが出そうな予感がしたなら出来るだけ小さいストロークでできる寄せ方を考えてください。また、短く持って対処するのも手です。スイングアークが小さくなればなるほど、安定度が増します」

プロは「飛ばさない」技術に長けている

プロでも極力ミスの出ない方法を選んでいます。何人ものプロの方に聞いたのですが、トーナメント仕様でなければ、ほぼSWを使わなくても対応できるそうです。SWを使わなければならないのは、グリーンが非常に硬く、速いからで、必要以上にスピンをかけたり、高さを出したりしなければいけないからです。

飛ばす技術は、難しいのに常々追い求めるますが、飛ばさない技術は恐らく「見栄さえ排除できれば大分クリアできると思います。

 

まとめ

一昔前は、プロのトーナメントでSWを駆使し激スピンをかけて、ギュッと止めるのが「これぞプロ技」で皆憧れていました。しかし今は、ワールドクラスの選手ですら、ロフトの立ったクラブでの転がしを多用したり、グリーン外からでもパターを使ったりしています。

飛ばす技術よりも、飛ばさない技術を覚えスコアアップを目指そう!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です