ゴルフ|ふわりと高く上げるアプローチは実は簡単!


スポンサードリンク




お早うございます。(*・ω・)ノ

グリーン周りのアプローチは、色々な技がある方がいい

ゴルフでスコアがまとまらない理由の一つとして、グリーン周りのでの往復びんたですね。( ノД`)シクシク…

「カツーン」と乾いた音を立てて、自分のイメージの距離の倍以上飛んで行ってしまう・・・・・・。

グリーン奥に行くことが多いので、大体トラブル状態になります。もう、ダボ、トリ確定コースですね。

以前、

ブログ記事:この技1つでグリーン周りが簡単になるアプローチ

ブログ記事:ラニングアプローチ(転がし)こそ攻めの技

などで、転がした方が安全であり、アグレッシブだと書きました。

しかし、ピンまでの距離が近かったり、傾斜が強くランで攻めると何処までも転がってしまうなど、どうしても上げないとノーチャンスという場合もあります。

ただ、上げるアプローチは振り幅が大きくなってしまうので、ミスしたときのリスクが高いです。では、どうすれば、ミスする確率を下げることが出来るでしょうか?

高く上げるアプローチは、意外に簡単!?

プロや上級者はいとも簡単にふわりと上げる技術を持っています。

ある初心者の方が、トップアマの方に訊いていました。

「流石ですね。毎回、ミリ単位の精度でクラブを球に当てているんですね」

トップアマは

「逆です。かなりアバウトに打っていますよ。多少手前から入ってもトップしたりダフったりしない打ち方をしているんです」

と答えました。

えっ!初心者の方は目を丸くしています。

「意味わからないんですが」

「恐らくアナタより大体で打っていますよ。もしかして、ピンポイントで当てないといけないと思っていません?」

初心者の方は、大きく何度も頷いていました。

 

高く上げるアプローチのコツは?

上げようとして一番やってはいけないことは、自分から上げようとすくい打ってしまうことです。すくい打つと身体が右側に倒れ、最下点が必ず球より手前になってしまいます。そうなると、トップになって最悪の結果に。

上げるアプローチのポイントは「バンスの使い方」です。

ウェッジは少し開くだけで、バンスが出っ張ります。この出っ張りこそがアプローチを簡単にしている原因なのです。

ウェッジを開かずに使うとリーディングエッジが先に球に当たります。

先に当たるのが球ならいいのですが、誤差があると手前の地面に触ってしまいます。

大体がザックリのチョロか、ヘッドが抜けてずにショートしたり、強く入ってオーバーしたりと全く距離感が合いません。

ウェッジを開かないとリーディングエッジが地面に刺さり跳ね上がるか、突っかかってしまう

これが、バンスが先に地面に触る場合だと、うまく地面を「滑って」くれます。この滑る感覚が非常に大事なんです。

インパクト前後の軌道が、低い位置を通過していくので、ミートゾーンが長くなります。

芝にバンスを落としてから滑らすとうまく拾える

この感覚をつかむのは、練習場の人工マットでも何となくわかるのですが、やはり芝の上からでないと正しくわかりません。

フルショットとは違う、心地いい感覚があります。

ヘッドは低い位置にあるのに、球は思った以上の角度で上がります。人によって違うかもしれませんが、ワタクシは「くぐる」ようなイメージがあります。

開く分球が右に出やすいので、その分オープンにスタンスを取るなど工夫してみてください。

 

まとめ

球を上げるアプローチは「バンスを滑らす」技術が必要です。

コツが分かると、上げるのが楽しくなります。但し、面白いからと言って、転がしの方が効果的な場面でも、上げの技術を使いたくなってしまいます。その時は、グッとこらえてスコアメイクを優先してください。

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です