ゴルフ|アプローチで転がしの方がメリットがある!そのポイントは?


スポンサードリンク




アプローチで転がしの方がいいという理由って?

お早うございます!~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

以前、「アプローチは転がし派?上げ派?」について記事にしました。

やはり転がしの方に軍配が上がるようでね。

では何故「転がし」の方がメリットがあるのか、コーチのお話と私見を踏まえて、もう少し掘り下げて記事にします。

転がしのメリット①ミスの幅が少ない

第一にロフトが立ったクラブが使える、ことです。

ロフトが寝たクラブは当たる面積が少なく、またリーディングエッジからインパクトゾーンまでが遠くなり、芯に当てるのが難しくなります。

ロフトが立てば立つほど、インパクトに関してはやさしくなります。ですから芯に当てやすいという点では「パター」が一番という訳ですね。

もう1つは振り幅が小さいので、ミスの幅も小さくなることです。これに関しては前回の記事にも書きました。

同じ距離を飛ばすときは、当然ロフトの立ったクラブの方が振り幅は小さくなります。

ミスの幅も振り幅と比例しますからね。


スポンサードリンク




転がしのメリット②次打がやさしくなる

転がしは、当たり前ですがグリーンの上をカップに向かって転がします。

つまり、「パッティングライン」の参考になります。

アプローチの次打は恐らくパッティングですから、ラインを読むことは重要条件です。その読みを実際に転がして検証できるのですから、それを使わない手はありません。

特にカップ周りの傾斜は球に最大限の影響があります。下っているのか上っているのか、フックかスライスか。実際の球の転がりは一番の参考材料になります。

入るか入らないか、ばかリ気にして転がりの具合を全く見ないのは勿体無いですよね。

転がしのメリット③距離感がつかみやすい

前回の記事でも書きましたが、アプローチは最終的な到達地点より落とし所を目標にした方がやさしくなります。

目標にすべき場所が近くにあればあるほど、誤差が小さくなります。

前回の記事でも、上げた方より転がしの方が着弾地点の目標が近くなるので狙いやすいことを書きました。

更に距離感がつかみやすいポイントがあります。

着弾地点に落としたい時、弾道が低い方が狙いがやさしくなります。例えば、球を投げるときに上に向かうより目線の高さあたりの方が狙いが定まります。

私は、転がしが使いづらい状況でも出来るだけ低い球でアプローチします。

ちょっとカッコつけかもしれませんが、低く飛び出してギュギュっとスピンをかける打ち方です。これも着弾地点まで高く上げるより、狙いが定まるからです。

振り幅も小さくできますからね。

個人的ですが、高く上げるアプローチは、非常に怖いです。(;^_^A

距離感がつかみづらい、ミスした時のケガが大きすぎる、着弾後のランの量が読み切れない、とリスクが多すぎるからです。

まとめ

アプローチは、転がしの方が多くのメリットがあります。

①ミスの幅が少ない②次打がやさしくなる③距離感がつかみやすい、などです。

プロですら「アプローチはパターから考える」というくらいです。

まずは、低い球でアプローチを覚えた方がスコアアップに繋がります。

「ゴルフはゴロフ」の青木功さんの名言もあります。

低い球のメリットを最大限有効にしましょう!

ではでは✋


スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です