ゴルフ|この技1つでグリーン周りが上達するアプローチ


スポンサードリンク




お早うございます。

グリーン周りのアプローチで往復びんた

 

「ここでグリーンに乗せられればパー、あわよくばバーディ」なんて気合を入れてショットしたら、力んでグリーンを外してしまった。

そんなケースよくありますよね?

しかし、うまい具合に比較的やさしいライからのアプローチが残った。

それこそ「これが寄ればパーセーブ」なんて思ったら、「カツーン」と乾いた音とともにトップしてグリーンを超えて深いラフへ。

また難しいライに入り込み、そこでまたダフッてまだ乗らず(´;ω;`)ウゥゥ


こんな風に寄せる技術があれば楽なんですが

アマチュアゴルファーがスコアを崩すパターンの一つですね。

何を隠そう、ワタクシもその一人でした。


アプローチ 往復びんたの原因

 

考えてみれば、ボギーオン目のアプローチさえうまく行っていればこんなことにならなかったわけです。

グリーン奥の深いラフやベアグラウンドはかなり難しいアプローチです。

他は難しくとも、花道からのような、せめてやさしいライだけはうまく寄せたいですよね?

 

 

誰でも寄せられる簡単アプローチ

 

実はあるプロコーチ2人からアドバイスを受けた簡単アプローチがあります。

アイアンのヒールを浮かせてパターのように打つ です。

クラブは自分に合ったものでいいのでヒールを浮かしパターのように打つ
この寄せ方非常に簡単に寄ります。

テレビで上田桃子プロも「スピンコントロールができないアマチュアにはもってこいの技術」とも言っていました。

転がり方ですが、通常のアプローチより弱く飛び出し、ランもそれ程出ません。思った以上に突っ込んで狙えます。

簡単アプローチのメリットは?

 

ミスが少ないです。

→地面との接地面が少ないので、トップやダフリが起こりくいです。

転がりが弱いです。

→芯ではなく、トゥ(ヘッドの先の方)にヒットさせて打つので、強い球が出ません。

ほとんどスピンがかかりません。

→スコアライン(溝です)を使わないのでスピンがかかりません。つまり予想以上にスピンが利いたりすることもありません。

ベアグラウンドでも使える。

→接地面が少ないので、クラブが跳ねることがなくトップが出にくいです。

以上のようにミスが出にくい技術です。

ワタクシは、フェアウェイとベアグランドで多用します。自分の基準ですがPWでキャリー:ランが丁度5:5のイメージなので落としどころも判断しやすいです。

欠点


ラフでは使いにくい

→ヘッドにスピードがないので、ラフで打つとヘッドが負けてしまいます。従って開いて当たったり、球が飛ばなくなる場合が多いです。

長い距離が難しい

→基本パターのように打つので遠くに飛ばすのが難しいです。ワタクシはピンまで20mくらいまでしかうまく打てません。


ちょっとカッコ悪い

→ちょっとオジサン的な打ち方なので、見た目がそんなに良くないです。

まとめ

本当に簡単で大きなミスが出ない技術です。最悪寄り切らなくても往復びんたはなくなると思います。

まずは、大叩きの原因をなくそう!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です