ゴルフ|アプローチで「ゆっくり振れ」と言うけれどスピードの基準は?


スポンサードリンク



アプローチの安定感がほしい!

お早うございます。~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

先日、仲間内とアプローチについて雑談。

「アプローチの距離感がバラバラなんだ」友人Aくんの悩み。

「スイングにパンチが入っているからだよ」シングルのBくんからのアドバイス。

確かに。アプローチの小さなスイングの時、異常に速く振っていました。アプローチこそゆっくり振らないと。

「でも、ゆっくり振ると緩んじゃわない?」Aくんのなる程の返し。確かに、ゆっくりと緩みって、かなり近いイメージ。

Bくん曰く

「インパクト付近で減速させずにゆっくり振るんだよ」

言いたいことは分かるのですが、禅問答のようでモヤモヤとします。

アプローチの向上は、スコアアップに直結します。寄せが上手くいけば、次のパッティングも楽になりワンパットが増えていくはずです。

その為にも一定のリズムでスイングすることもアプローチの肝になります。

アプローチでスイング中のNGは?

アプローチに限らず、パッティングからフルショットまで、スイングの厳禁は「緩み」です。

然し緩まないようにゆっくり振るって、意外に難しいなぁ、と思いました。何故かというとフルショットは、とにかくヘッドを加速させればいいので上限がありません。

コントロールショットは、スイングスピードを制御しつつ減速させてはいけません。

アプローチは等速で振りなさい、とあるコーチが言いましたが、その等速の目安が分からない。


スポンサードリンク



アプローチのスイングスピードの目安は?

以前、コーチにアプローチの時のスイングスピードってどれ位なの?って聞いたことがありました。

「ゆっくり足踏みをするスピード」とコーチの答えです。

なる程、分かったような分からないような・・・。

ゆっくり足踏みって、人によって様々なので何ともボンヤリしています。

それに、足踏みと言われてもインパクト付近でどれくらいのスピードでも通過すればいいのか。それが等速で振れているのかが基準が分からないので、何とも難しい。

ずっと自分もスイングスピードの基準が分かっていませんでした。

そんなモヤモヤをずっと抱えていたのですが、シングルくんBがとても分かりやすいスピードのイメージを提示してくれました。

アプローチのスイングスピードの基準は?

Bくん曰く、

「ゆっくり振るって個人差があると思うけど、自分はこのイメージで振っているよ」

と、ウェッジのグリップエンドを人差し指と親指でつまみ、振り子のように揺らしました。

「このスピード。これを上から覗くようにすると何となくイメージ湧かない?」

スゴイ納得!視覚的なイメージがあると分かりやすいです。

確かにゆっくりだが、最下点(インパクト前後)では程よく加速しています。

但し、このスイングスピードで振れるように、どう身体を動かすのかも難しいですけどね(笑)

私は、これを聞いて家でイメージを作って素振りを始めました。分からなくなったら

、また振り子を上から覗き込んでイメージを焼き付けています。

まとめ

アプローチで「ゆっくりと、しかし緩まず」のスイングスピードで振るのが理想です。

しかし、ゆっくり、という曖昧な基準は、人それぞれなので、イメージが付きにくいです。

友人に教わった「ウェッジを振り子のように」して上から覗いてみると、視覚的に理解できるので、とてもイメージが湧きやすかったです。

アプローチの距離感はスコアアップの肝になります。

安定したアプローチを手に入れてスコアアップを目指しましょう!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です