ゴルフ|ベアグラウンドからのアプローチはトラブル?


スポンサードリンク




お早うございます。(^O^)/

 

グリーン周りはトラブルだらけアプローチは要注意

ティショットが上手くいったので、セカンドでボッスリとグリーン奥のピンをデッドに狙いをつけて・・・・・・。

なんて、気持ちの入ったショットを打ったつもりが大トップしてしまい、グリーンを超えてあわやOBなんてこと、誰でも経験していますよね?(´;ω;`)ウゥゥ

グリーン奥って大体、林があったり、枯れ葉だらけ、もしくはベアグラウンドだったり、かなりトラブルな状態が多いものです。

更に、およそフラットでなく傾斜がきつかったりします。

正直、しんどいアプローチが待っているはずです。

アマチュアがやりがちなアプローチの判断ミス

以前、そんな状態でも、同伴者が「いやあ、バンカーじゃなくてよかったぁ」なんて仰る方がいました。

グリーン奥にこぼし、ベアグラウンド。それもカップは、エッジから近い。どうみても、厳しい状況。

受けグリーンが多いため、奥側からだと下りになるケース。非常に厳しい状況。

その方は、案の定、SWを持って、インパクトでクラブが跳ねてしまい、大トップ。グリーンを超えて花道方向へ。いわゆる往復びんた。(´;ω;`)ウゥゥ

よくあるパターンです。

ワタクシも色々な方からアドバイス受ける前は、「グリーン周りで一番のトラブルはバンカー」と思っていました。

しかし、それ以上に難しい状況が沢山あることを教わりました。

 

ピンチ度合いが分かるとクラブ選択が変わる

それが分かってくると、自ずと持つクラブが変わります。

かなり厳しいライで、それがピンチだと思えないと「カップがエッジに近い」ということだけで、SWを持ってフワッと上げるショットを狙う。その後は、予想通りの結果に。

ベアグラウンドなど下が固いとSWなどバンスがあるクラブは跳ねてトップしやすい

昔のワタクシもそうでした。そこで「1打罰を払う」気持ちになれれば、「グリーンに乗れば御の字」に変わり、クラブ選択が替わります。たとえカップをオーバーするしかなくても、バンスのあるSWを使わない選択になると思います。

同じような状況でも、バンカーに入った場合は、上手くいけばスピンもかかるので、カップに寄る可能性が余程あります。

もし、可能なら以前記事にしました

ブログ記事:この技1つでグリーン周りが簡単になるアプローチ

のようなことも考えます。

 

アプローチの技術レベルでピンチのレベルも変わる

ただ、上級者は違います。
「ベアグラウンドからでも、バンカーみたいにエクスプロージョンで打てばいいんだよ。ほら?」
と言って、SWを開くと、逆にバンスを上手く使って、球の下の土を見事爆発させ、フワリと上げます。

す、すげぇ・・・・・・!(((( ;゚д゚)))

やはり技術の引き出しが違う。こういった技術があれば、トラブルがトラブルでなくなるのですね。

 

まとめ

まずは、今状況がどれくらいピンチなのかを判断しよう!難度レベルから、最小の被害に抑えられるジャッジメントをしよう!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です