ゴルフ|初心者必見!筋膜リリースで柔軟性が上がる!


スポンサードリンク




お早うございます。(*・ω・)ノ

 

ストレッチしても、全然柔らかくならない( ノД`)シクシク…

歳を重ねるごとに身体の油が切れていくのを感じる今日この頃です。

筋肉も減退していくのを、トレーニングによって必死に足掻いて食い止めている今日この頃、それだけでは思うように向上しないことを、日々実感しています。

それは、身体の「柔軟性」です。

ワタクシ、恥ずかしながら身体が無類の堅さで、非常に苦労しています。

立位体前屈もマイナス〇㎝で、ベタッと掌が床に着くのが夢であります。(;^_^A

そんな私が、最近手の指の第二関節まで床につくようになりました。

生涯でMAX記録です。(あまり自慢できるレベルではありませんが)

なぜ、柔らかくなったか?

3ヵ月で柔軟性が高まった理由は筋膜リリースにあった!

ストレッチ方法を変えたりと、複合的な理由があると思いますが、まずはそのうちの理由をご紹介したいと思います。

筋膜ってご存知ですか?

筋膜とは、身体全体を覆っているネット状の繊維です。

骨や筋肉、内臓、神経、血管などを覆い、体の表層から深層まで体の隅々まで立体的に支えています。

第二の骨格とも言われていて、身体を支える為に必要なもので、重要な働きをしています。

日常生活で姿勢が悪かったり、好ましくない体勢で身体を長時間動かさなかったり、さまざまな理由でこの筋膜が歪んできます。

筋膜の網目がゆがむと様々な弊害が起きる

これが、筋肉を硬直させたり、身体のハリやコリになるといわれています。

この歪んだ筋膜を正常な位置に戻すことが、柔軟性向上や、体調改善に寄与するそうです。

 

今話題の「筋膜リリース」をやってみた

最近「筋膜リリース」というワードがメディアで話題になっています。

「筋膜リリース」とは、偏ってしまった筋膜をはがして(?)、正常な位置に戻すことを言います。

どうすれば、筋膜を正常な位置に戻せるのか?物理的に圧迫・刺激を加え、筋膜の乱れを取り除くことが必要のようです。

以前、ストレッチ道場に通った時も、同じことを言われ、刺激を与えながらストレッチをすると効果が高まると教わりました。
いつも、お邪魔しているゴルフ練習場で以下のものが販売されていました。


どうも、健康器具には弱く、すぐ衝動買いをしてしまう質です。💦

このフォームローラーは突起の形状がさまざまあり、正方形の平坦な部分は「手のひら」、横の棒状の形は「指」で、全体についている細かな突起は「こする」機能としています。

床に寝転がり、フォームローラーを腰やお尻、腿ウラなどにグリグリ~と転がしながら刺激を与えます。はじめは、チョット当てただけで「イテェ~!」と顔を歪ませるほど、きつかったです。

しかし、毎日続けていると、痛みが減ってきます。特に筋トレした部位を念入りに刺激を与えると効いている気がします。

そのあとに、ストレッチをすると、以前より伸びた気が!

これだけが原因かわかりませんが、確かに身体が動いた気がします。テレビを観ながらでも出来るし、ちょっと張りがあるな~、という部位にゴリゴリッと転がし刺激を与えてマッサージ代わりに。

ただ、本当に筋膜が正常に戻っているかは、分かりませんでした。(当たり前ですけど)

 

まとめ

筋肉に刺激を与えた後に、ストレッチをすると、効果が高まるかも!?フォームローラーやストレッチポールなどを使って柔軟性を高めよう!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です