ゴルフ|初心者の疑問!筋トレ中本当に炭水化物を食べてはダメなの?


スポンサードリンク




お早うございます。(^O^)/

糖質オフって流行っていたけど本当に炭水化物を摂ってはダメなの?

少し前ですが「糖質オフ」って流行っていましたよね?

簡単に言うと、米や小麦粉などの「炭水化物」を摂らない、ということです。

お米の国の人なのに、米食をアンチにされるのは個人的には悲しいです。(´;ω;`)ウゥゥ

出典/https://www.glico.com/jp/

糖質オフを謳っている食品は多くあります

 

みんなの天敵、脂肪くん

多くの方が「消えてなくなれ!」と願っているものは、身体のそこら中にこびり付いた「脂肪」です。

余りにつきすぎると、健康被害の恐れもあります。

脂肪というのは、簡単に説明すれば、身体を動かす燃料です。それを体の至る所に貯蓄しているんですね。

沢山動けば、どんどん使われるし、動かなければ使われない。脂肪は、食事によって貯蓄されます。

車に例えると、走った分だけガソリンは使われます。全然走っていないのに、ガソリンスタンドでドンドン、ガソリンを注入している状態です。キャパを超えると、車なら給油口からあふれてしまいます。

人間の場合、あふれてしまったモノを身体中に蓄えてしまっているんですね。車のように全然走らないのに燃料ばかり注入してしまう。それが、肥満の道に突き進んでしまうのです。

 

炭水化物と糖ってナニ?

何で炭水化物を摂ってはいけない、といわれているのか?

炭水化物は糖質+食物繊維で構成されています。「糖」はこれまた燃料なのですが、脂肪とはちょっと違う使われ方をします。

脂肪はオールマイティな燃料ですが、糖は、激しい運動をして身体が消耗したときに、回復、または更に成長させるときに必要な燃料です。

筋トレをして筋肉が消耗したときは、糖という燃料を使って、たんぱく質を筋肉に作り上げます。

糖が不足すると、思うように筋肉が作れなくなります。

逆に多く摂って使われなかった糖は、脂肪として体内に蓄えられてしまいます。

つまり、「糖質オフ」がよいと謳われているのは、あまり運動をしていない方が、糖をそれ程消費できないので、脂肪に変わってしまうことが多いからです。

 

運動している方には炭水化物は不可欠

しかし、ゴルフはもちろん、トレーニングをしている方は糖を摂らなければ折角鍛えたのに効率が悪くなってしまいます。下手をすると、消耗した身体が回復できなかったり、運動能力が低下してしまうかもしれません

また、脳は糖のみを燃料としているので、炭水化物を摂取しないと、脳に何らかの支障をきたすともいわれています。

 

まとめ

ざっくり説明しましたが、炭水化物を摂るのは人間生活するのに不可欠です。過多もダメですが、特にしっかりと運動をしている方は必ず摂りましょう!

現在の生活に見合ったカロリー摂取をしましょう!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です