ゴルフ|上達の近道 バンカーはダフらせる、は間違い?


スポンサードリンク




お早うございます。(*・ω・)ノ

 

バンカー脱出のコツはダフらせる、で正しい?

バンカー攻略は、アマチュアにとって超えなくてはいけない壁です。

特にガードバンカー、つまりグリーン周りのバンカーは、脱出する技術があれば、スコアアップに直結しますよね。

ガードバンカーが怖くなくなれば、バンカーにはまってもリスクにならないので、セカンドでピンをデッドに狙えるなど、攻める幅がグッと広がります。

ただ、バンカーに必要な技術、エクスプロージョンショットについて、「?」と思うようなことがありました。

ある方が言っていました。

「バンカーなんて、バンスを使って、ダフらせればいいんだよ」

ほらっ、と振り抜くと上手く砂を弾いて、きれいなエクスプロージョンでバンカーから球を出します。

あるコーチがこの言葉に、苦い顔をしました。

「エクスプロージョンショットは、ダフらせて打つショットではありません。ゴルフでは、表現の仕方次第で、多くの方が誤解をされます」

バンスを上手く使うことが、成功のカギの一つであることは間違いありませんが、それだけはダメなようです。

バンスを上手く使うことは非常に大事

 

多くのアマチュアはダフリを勘違いしている

ダフリとは?

シンプルにいうと、球の手前にスイングの最下点があり、ミートする前にクラブが接地してしまうこと、です。

つまりバンカーでダフらせるとは、以下の図のようになることです。

軌道の最下点が球より前にあると、バンカー内ではトップになるか、そのまま潜ってしまい球が出ないことが多い

これでは、バンスで跳ねてトップになってしまうことが多いです。

エクスプロージョンショットは、スイングの最下点が球の下にある砂にあり、砂ごと前に運ぶものです。

砂にヘッドが潜った時、SWのバンスが跳ねることで、高く上がった球になります。また、フェイスと球の間に砂が入ることで、スイングスピードの割に球に勢いがなく、ヤスリがわりになってより多くスピンがかかります。

スイングの最下点は球の下の砂の中にある

シュパッといい音を立てて、バンカーショットが出来た時は、ドライバーの今日イチくらい気持ちいいものです。(´∀`)

まとめ

ゴルフでよくあることですが、「言葉の綾」で勘違いのまま理解してしまうことは大変危険であります。

球にコンタクトする前に地面にクラブが触る=ダフる と捉えると誤解を招きやすいことになります。

「バンカーショットの際、スイングの最下点は球の下の砂の中」と意識が変わるだけで、スイングも変わるはずです。

ワタクシも今後気を付けてブログにしていきたいと思います。

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です