ゴルフ|バンカーは必ずSW?エクスプロージョンショットを極めよう


スポンサードリンク




お早うございます!(*・ω・)ノ

 

バンカーでエクスプロージョンショットが決まると気持ちいい(´∀`*)

グリーン周りのバンカーで、うまくエクスプロージョンショットで脱出できると気持ちいいものですね。(^∀^)

フェースを開いて、インサイドに振りぬいて、スパッと砂を飛ばして・・・・・・。

エクスプロージョンショットは決まると非常にスピンがかかります。

プロにとって、バンカーショットはラフからよりやさしいそうです。

砂の取り方がアバウトでいいそうです。厚めに取ると飛ぶ距離が短くなるがスピン量が少なくなるので、ランが出やすくなる。逆に薄く取れたとしても、距離が出るがスピン量が増えて止まりやすくなる。結果トータル距離があまり変わらない、そうです。

開き具合、スイングスピードなど毎回同じようにできるプロならではのコメントだと思いますが。

エクスプロージョンショットは必ずSWで打つ?

さて、グリーン周りのバンカーでは、大抵SWを使われると思います。

バンカーでは、飛ばしすぎることは避けたいことです。大体が、大トラブルの元になります。

少し前のテレビ番組で、深堀圭一郎選手が、解説しながらバンカーショットを打っていました。ピンまで50yd前後の距離がある難しい状況でしたが、ものの見事にピンそばに。

その時、持っていたクラブはPWでした。確かにこの距離でSWでのエクスプロージョンショットでは絶対に届きません。ワタクシが言いたいのは、難易度はともかく、どのクラブでも、エクスプロージョンはできるということです。

以前、あるコーチに「バンカーショットの練習をしましょう」と練習バンカーに連れて行ってもらいました。

SWだけを持ってバンカー内に入ると、コーチは3Iを持っていました。

「何をするんですか?」と思わず訊いてしまいました。

「バンカーショットですよ」と言い、ガバッとフェースを開き、ハンドダウン気味に構えています。何も違和感なく振りぬきフワリと上げました。さすがにスピンはあまり掛かっていませんでしたが、球筋はとても柔らかかったです。

正しくエクスプロージョンショット。

「すごいですね」思わず言葉が出てしまいました。

「3Iで打つ状況なんてまずありませんが、どんなクラブでもエクスプロージョンは打てるってことは知っておいて下さい。大事なのは、AWやPWで打ってみてバンスの利かせ方や飛び出す角度の違いを理解しておくと、いざというとき役に立ちますよ」

なるほど・・・・・・。確かにそれを覚えておくと距離のある場合でもクリアできそうですね。

ただ、問題が。練習バンカーが近くにないのでなかなか機会がないこと。

練習できる環境を見つけ出すことも大事ですね。

 

まとめ

バンカーは必ずSWで、ということはありません。

バンカー練習機会があるなら、ぜひ色々なクラブで試してみよう!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です