ゴルフ|ビジネスゾーンってナニ!?上達に近道 スイングが変わる!


スポンサードリンク




お早うございます!~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

ビジネスゾーンって知っていますか?

「ビジネスゾーン」ゴルフをある程度続けている方なら、どこかで聞いたことのある言葉です。

しかし、あまり歴が短い方だと初耳という方もいらっしゃるかもしれません。

プロのスイングって、結構個性的な方もいますね。しかし、プロなら絶対にここだけは、殆ど共通している個所があります。

それは腰から腰までのスイングゾーンです。プロは、腰から上の軌道がややオリジナルでも、ここだけは理想的な軌道を通過します。

この部分を「ビジネスゾーン」と言います。このゾーンが完璧なら仕事(金)になる、ということでこの名前がついています。

因みに「インパクトゾーン」ともいう方もいます。

ビジネスゾーンがよくなれば、スイング力が上がるの?

アマチュアがトップやダフりが出てしまうのはスイングが不安定だからです。ビジネスゾーンがよくなれば確実にスイングがよくなります。スイングで大事なのは、再現力です。

いつでもクラブ軌道とフェースが同じように動かせればミスが激減します。

正しい軌道とは?

腰の位置までテークバックをするとき、シャフトが地面と平行になります。その時後方から見ると目標方向と一直線になるのが理想です。

但し、現代スイングではフェースの開閉を抑えるためシャフトのラインがやや内側でOKのようです。

フェースのリーディングエッジのラインも同様です。以前は「地面と垂直」と言われていましたが、シャット気味でもいいとされています。

いけないのは、シャフトが外側に入ることとリーディングエッジのラインが開いてしまうことです。

大事なのはフェースを制御できる範囲に収めることです。イメージとしては、グリップの上に常にヘッドがある状態にします。

神主さんのようなイメージで、というコーチもいました。

ビジネスゾーンを上手くしたいなら動かしてはいけない個所を注意しよう!

アドレスを作ったら、腰から腰までのスイングします。素振りでも充分です。

忙しい方でも家でできますね。

クラブはPWなど短いクラブで充分です。スタンス幅は一足分開くぐらいで。

上記のように腰の高さまでクラブを上げるときに注意する点は、

①軸(重心)を動かさないこと

②フェースに無駄な動きをさせないこと

です。

①軸を動かさないポイントは、前傾角度を保つことです。

まずは、骨盤の傾きを変えないことです。これが崩れると一気に姿勢が崩壊します。重心を感じながらテークバックします。膝の位置も変えないこと、頭も動かさないことも重要ですね。

②フェースの動きを抑えるためには、手でクラブを扱わないことです。

腕と肩で作った三角形、手首で作ったライ角を崩さないことです。

手でテークバックするのではなく、肩の回転、つまり身体で回転することです。

ポイントは肩甲骨の開閉で動かすことです。

いかに手で扱うのが余計な動きかを実感できるかと思います。

まとめ

ビジネスゾーンさえ理想的なスイング軌道が出来たなら、一気にスイング力がアップします。

安定度、飛距離ともに望むことが出来ます。

プロは、この部分が完璧です。

練習は、素振りでも十分です。いつでも何処でも可能です。

地味な練習ですが、確実に上達します。

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です