ゴルフ|プロと回ってみて、アマチュアと何が違うのかを検証してみた


スポンサードリンク



プロとのラウンドは楽しい!

お早うございます!~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

実は私、贅沢ながらもプロとラウンドしたことが何度もあります。それも、1人ではなく何人も、です。

「マヂ、羨ましい」と友人から言われます。確かになかなか無い境遇ですよね。

それにもかかわらず、何故上達しないのか・・・。(;^_^A

で、友人に「やっぱりプロってショットスゴイの?」と訊かれます。

確かにスゴイのですが、自分の思っていたスゴイとはちょっと違うような・・・。

それともう1つ、「プロと回って緊張しない?」とも。

それも一緒に回って感じたことを記事にします。

プロにとってアマチュアのラウンドってどんな感じなの?

あるプロに「アマチュアの方と回って楽しいですか?」と率直に訊いたことがあります。

ソッコーで「楽しいですよ」と返ってきました。

理由は、戦闘モードでゴルフをしなくていい、とのこと。

やはり同伴がプロだったり試合前の練習だったりすると、緊張感の中でゴルフをするので決して楽しいわけではないそうです。

その点、アマチュアとなら自分の調整も含めて肩の力を抜きながら出来るので、普段と別のゴルフになるのがよいとのこと。

もう1つ「100も切れないレベルの自分だと恥ずかしいから、プロとなんてラウンドは出来ない」と言う方がいますが、と訊いたら、

「失礼な言い方ですが、シングルの方も100を切れない方もプロより下手なことは間違いないですから全く気になったことはありません」でした。

要は、下手さ加減の度合いが違うだけでプロにとってはたいして差はないということですね。(笑)

一番困るのは、そこそこ上手いシングルさんが「ボクってプロでも通じますかね?」と訊いてこられることだそうです。

はっきり「無理!」と言うのも角が立つので「頑張ってください」としか言えないでしょうね。プロに気を付かせる人って一体・・・。

結論から言えば、プロと回れる機会があれば遠慮なく回った方がいいと思います。ちゃんと礼儀とマナーを大切にすれば、問題ありません。

プロのショットは意外にスゴクない?

プロの方の共通することなんですが、意外にティショットが思ったほど迫力がないことです。(失礼)とても軽く振っているんですね。本気出していないのかな?と思うくらいに。

でも、着弾地点にいくとやはり飛んでいる(+_+)自分の球のはるか先にあります。いかに効率よくスイングしているかが分かります。

それともう1つ、結構曲がります。ティショットがラフやフェアウェイバンカーに嵌まることがかなりあります。

スナイパーのごとくフェアウェイをとらえると思いきや、そうでもないんですね。バーンと飛ばすけど、結構左右にブレます。

で、セカンドもグリーンを外してきます。ガンガン、ピンを刺してきてイケイケでバーディパット、というようではないです。

ガードバンカーやラフに捕まっていました。


スポンサードリンク



プロのスゴミを感じるショットは?

フェアウェイをキープできない、グリーンを捉えられない、プロでもそうなんだ、と思いました。

しかし、スゴイのがココからでした。アプローチが圧巻です。どんなライからでも寄せてきます。やさしいライなら、確実にワンパット圏内に寄せてきます。

プロとアマとの違いは、寄せワンの確率が抜群に高いことでした。

複数のプロが仰っていましたが「必死にパーを取り、少ないチャンスでバーディを獲る」が本筋のようです。

テレビ中継のトーナメントで繰り広げているバーディラッシュはプロの中でもトップクラスで且つ絶好調の選手くらいですよ、とのこと。

ほとんどの選手は、ギリギリのところでパーををセーブするゴルフに徹しているだそうです。

まとめ

プロのティショットは、意外にも曲げたり、左右にブレたりします。グリーンも思いの外乗っていない気がしました。勿論、アマチュアと比べればとんでもないショット力ですが。

しかし、バンカーだろうがラフだろうが、いかなる状況からもアプローチで寄せてきます。寄せワンの確率が非常に高いのがアマチュアとの違いだと感じました。

グリーンに近づけば近づくほど、スゴミが増してくるのがプロなんだな~と思いました。

ではでは✋


スポンサードリンク