ゴルフ|身体の硬さが取れた!ストレッチ以外で軟らかくする方法


スポンサードリンク



ストレッチしてもなかなか柔らかくならない・・・

お早うございます!~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

ゴルフ向上のために技術を上げるのは勿論なんですが、身体を思うように動かすことも大事です。

身体のグレードアップを図って、筋トレやストレッチをしているのですが、なかなか思うように行きません。( ノД`)シクシク…

私の場合、特に「柔軟性」はアラフィフのポンコツボディでは、いつまで経っても効果が見えません。

毎日ウンウン唸りながら身体を伸ばしても、翌日には元に戻っている気がしてなりません。

以前にも記事にしましたが、柔軟性をアップさせるには筋肉を伸ばすだけでは効果は薄いそうです。


スポンサードリンク



柔軟性は伸ばすだけではダメ、まずは筋肉をほぐしてから

トレーナーさんによく言われるのは「筋肉はゴムと同じ」であること。

ゴムは放置していると、どんどん劣化して硬くなります。日ごろから伸び縮みさせ、更にギュッギュッと押してほぐすようにすると弾力性を維持できます。

ストレッチは、文字通り伸ばすことを目的とします。長い間ストレッチもせずに放置した状態の筋肉は、若い頃のような柔軟性を取り戻したくても一筋縄ではいきません。

で、いざストレッチを始めても上手くいかないのは、ストレッチは筋肉の一部しか伸ばすことが出来ない、ということです。

筋肉の深い所や、関節に付近の部分はストレッチが届かずに硬いままになっています。まずは、圧を掛けてほぐすことから始めます。

そこで、以前紹介したアイテムがコチラ

これで筋肉に圧力をかけてほぐすようにします。身体の色々な部分に当てて刺激を与えるとストレッチでは届かなかったような部位に変化が表れます。

しっかりと刺激を与えた後にストレッチをすれば、身体の伸びが違います。

フォームローラーでも届かない部分にはマッサージボールでほぐす

このフォームローラー、かなり効果があり様々な身体の部位に利かすことが出来るのですが、弱点があります。

体重を掛けられない所には、上手く圧力が掛けられないということ。

私場合、ひざ裏やふくらはぎがそうです。体重を掛からないので圧力が弱くて利きが悪いです。

どうしたものか、と思っていろいろと調べたらこんなものがありました。

マッサージボール

チョッと高かったのですが、購入。

大きさは直径10cmくらいで重さも300gほどです。

表面は軟らかいシリコン製という感じです。

充電式です

スイッチを入れると、ブ~ンと球体ごと振動します。スイッチを押すごとに強度が増すようです。

全部で4段階。3段階めのみ強弱に抑揚があるパターンです。

試しに、腿の付け根やひざ裏に当ててみました。

「おおっ」少し圧を掛けるだけで、ツボに利いています。これは、楽チン。

これの良い所は、刺激を入れたい部分を細かく調整できることです。

フォームローラーもいいのですが、どちらかというと硬い部分を全体的にほぐす感じです。マッサージボールは、ピンポイントで利かせられます。

上手く使い分ければ、かなり効果があると思います。

まとめ

固くなった身体は、ストレッチだけではなかなか柔らかくなりません。伸ばす前にしっかりと圧を掛けてほぐすことが必要です。

フォームローラーもかなり効果的ですが、ピンポイントを狙いたい時や体重を掛けにくい部分には不向きです。

そういうときは、マッサージボールがおススメです。

手軽で細かい部分にも刺激を与えることが出来ます。

ではでは✋