ゴルフ|Dプレーン理論をざっくり解説!


スポンサードリンク




お早うございます!~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

Dプレーン理論のお話の前に、弾道のおさらい

今回はちょっとマニアックなお話です。

たまに雑誌などで、「Dプレーン理論」というのが記事になっています。

フェースの向きとスイング軌道で弾道にどのような影響が起こるかというお話です。

その前に、スピンについてのおさらいです。

サイドスピンってどのようなスピンがかかっているかイメージつきますか?

こんな感じ?

実際のスピンはこんな感じなんです。

この軸が傾けば傾くほど、曲がり幅が大きくなります。

回転軸が水平な場合、ストレートボールになります。

Dプレーン理論は最新のマシンとともに解明されてきた

Dプレーン理論は1999年に世界で広まりましたが、日本ではなかなか浸透しませんでした。

トラックマンなどの最新で高性能の弾道計測器のおかげで、超スロー映像の実測データをとることができ、より精度の高いものになりました。

因みにトラックマンは、パトリオット兵器の技術を取り入れているそうです。スッゴイですね。

以前「スイングスピードが速ければ速いほど軌道方向に、パッティングのようなスイングスピードが遅いとフェースの向きに、出球は影響する」と教わりました。

それが、どうも違うようなんですね。

出球はドライバーでもスイング軌道よりフェース向きの影響が大きいようです。

インパクト時の出球の動画

こうやって見ると、納得ですね。

Dプレーン理論の簡単な原理を解説

まずこんな感じでインパクトを迎えます。

フェース向きとスイング軌道を図にするとこんな感じ。

出来た三角形のこの角度が大きいほどスピン量が増えます。赤と黄色の先を結んだ線が回転方向です。

フェースの向き、スイング軌道が目標方向の場合、きれいなタテ回転となり、ストレートボールになります。

軌道はそのまま、フェース方向が右を向いた場合三角形が右に傾きます。右に傾くとスライスになります。

逆に左に傾くとフックです。

今度は軌道がアウトサイドイン、フェースはそのままの場合も考えます。こちらも右に傾きますね。つまり、スライスになるのです。

これがDプレーン理論の基本中の基本です。

フェースが開いたときと、軌道がカットになった場合どちらも三角形はプレーヤーから見て、右に傾きます。つまり回転軸が傾いたことになりますね。出球の方向は違うにせよ、どちらもスライス回転になるのです。

更に、入射角やライ角なども弾道に影響するのですが、まずはこの大原則を理解するだけでもかなり違うと思います。

Dプレーン理論でわかった 出球はフェースコントロールで

スイング軌道も勿論、球筋をコントロールするには大事なことです。しかし、まずはフェース管理が出来なければ、球は制御できません。

フェースが開きすぎたままインパクトを迎えてしまうと、ドローで目標方向に戻すのは非常に困難です。

現代スイングはフェースの開閉を抑えています。

まずは打ち出したい方向にフェースを合わすことが球筋の安定になります。

まとめ

Dプレーン理論はインパクト時のフェース向き、軌道などによってどのような弾道になるのか、を立体的に表現しています。

出球はスイング軌道でなく、フェース向きが大きく影響しています。

まずは、フェースの管理をすることが大事なんですね。

ちょっと難しくマニアックなお話でした。

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です