ゴルフ|ダイエットの疑問 腹筋がない人って本当にいるの?


スポンサードリンク




お早うございます。(*・ω・)ノ

 

腹筋がない!そんなことある?

ちょっとポッチャリしたお腹の持ち主で、「私って腹筋がないから」なんて、言う方が時折いらっしゃいます。

本当にそんなことあるのでしょうか?

腹筋が弱くとも「ない」ってことはありません。腹筋がなかったら、身体を起こすどころか、立った姿勢を保つことすら出来ません。内臓を守り、支えてもいます。

 

腹筋は身体の要

腹筋は体幹筋の一つです。上体を屈伸させたり、胴体の上部と下部を回転させたりなど、ゴルフにはとても必要な筋肉です。上半身と下半身を上手く連動させることができるパワーの源になります。さらに、腹式呼吸をする時に利用するのも腹筋の筋肉です。


確かに、見た目腹筋がないように見えるお腹の方もいます。

それは、単に皮下脂肪がモリモリついているだけで、表面から見えないだけです。その奥にはちゃーんと腹筋はあります。

見た目、腹筋をバッキバキに割りたい人は、筋肉量を増やすよりも皮下脂肪を落とすことの方が効果があります。

体脂肪を落とすことは、体にキレが出て必ずゴルフに役立ちますし、ラウンド中長い間歩いても負担が減るため疲れにくくなります。

 

トレーニングしても腹筋が割れない!

但し、なかなか落とせないのがお腹周りの脂肪。意識して動かさないと使われないサボりがちな場所です。

最近の情報では、腹筋のトレーニングをしても、筋力はつくが、腹回りの脂肪はそれ程落ちない、と言われています。
運動をするとき脂肪の消費の仕方は、その部位ではなく身体中満遍なく削られるそうです。

つまり、エネルギー量の多い、例えばスクワットなど大きな筋肉を鍛えるトレーニングの方が、遠回りに見えるかもしれませんが、最終的には効率が良いとされています。

また、ジョギングなど有酸素運動をしても脂肪は落ちます。

「毎日腹筋してるけど、全然腹が凹まない」と嘆いてる方、やはりバランスよく鍛えることが大事だと思います。

腹は凹んでいないけど、お腹の中ではちゃんと鍛えられているはずです。あとは、油を落とすだけ・・・・・・、です。(笑)

まとめ

腹筋のない人なんていません。また、毎日腹筋のトレーニングをしている方で「なかなかシックスパックにならない」と嘆いている方、ちゃんと筋肉はついているはずです。あとは脂肪を落とすだけです!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です