ゴルフ|打ち下ろしの攻略方法!陥りやすいミスとは?


スポンサードリンク



打ち下ろしは罠がいっぱい!意外に難しい!

お早うございます!~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

先日、かなりの確率で打ち下ろしのホールが多いコースでラウンドしてきました。

人によっては、見晴らしがいい、いつもより飛ぶ、などの理由から打ち下ろしは好き、といいます。

昔から私は、どうも打ち下ろしが苦手です。

高所恐怖症もあり、猛烈な打ち下ろしだとティアップも普段より後ろめにします。(笑)

元々球が高い方なので、打ち下ろしとなると、いつまで経っても落下せず、いつもティショット後「早く地面に落ちてくれ~」と願っています。(;^_^A

そうなんです。滞空時間がより多めになるので、打った感触ではそんなに問題なしと思っていたのが、ラフや林に入ってしまったりしてガッカリします。

風の影響も受けやすいですしね。

打ち下ろしのティショットで上手くいくコツとは?

大体、打ち下ろしの攻略法としては、「目線を下げないように」というのが王道です。

どうしても普段より目線が下がってしまい、左肩が下がり気味になります。突っ込んだ形になるのでカット気味に入ったり、チーピンになる恐れがあります。

要は、フラットなライの時と同じように構え同じようにスイングする、というのがセオリーです。目線もフェアウェイではなく木のてっぺんや雲などを目標にする方がいい、などがあります。

ただそれでも、滞空時間が長くなるので、曲がり幅も大きくなったり、風の影響を強く受けます。そのお陰でトラブルになるなってしまうこともあります。

もう一つの攻略のコツは「ティショットでドライバーを持たない」というのもあります。

ティを低くして、3Wや5Wで小さく振るのです。

打ち下ろしの分、距離は元々伸びるのですから、かっ飛ばす必要はありません。低く飛び出て下り傾斜に着弾すると意外にランが出て、思いのほか距離が出ていることも多いです。

風や曲がりの抑制にも非常に効果があります。

ドッグレッグのときも有効です。

よくあるパターンが、予想以上に距離が出てしまいホールを突き抜けてOBになってしまう惨劇です。ナイスショットしたにもかかわらず、OBは悔やむに悔やみきれません。

「飛ばさないようにする技術」も必要ですね。

グリーン狙いで打ち下ろしになる時のコツとは

ティグラウンドからグリーンまでずっと打ち下ろしのホールがあります。

そんな時、短いクラブならそれ程影響はないのですが、FWなどの長いクラブを使う時は注意です。私も何度か経験があるのですが、打ち下ろしだから1番手落として打っても、予想以上にランが出て、グリーンオーバーしてしまうことがあります。

理由は上記しましたが、着弾場所が下り傾斜になっている場合です。打ち下ろしですから、通常より出球も低くなります。

ショートしてもいいから、思い切った番手落としをすることも場合によっては必要かもしれません。

また、グリーン狙いが打ち下ろしということは、球位置も下り傾斜のことが多いです。つまり左足下がりのライとなります。

通常のライより、地面が上にありますからダフリの恐れがあります。またスライスになりやすいことも頭に入れておいた方がいいでしょう。

やや右足寄りにアドレスしてコンパクトに振ることがコツになります。

まとめ

打ち下ろしは、普段より飛距離が出る、などの理由で好きな方がいらっしゃいます。しかし、風の影響を受ける時間が長い、曲がり幅も大きくなるなど、危険が多くはらんでいます。

特に「飛びすぎる」というリスクは、グリーン狙いの時は大トラブルの元になります。

様々なライからも上手く対処してスコアアップを目指しましょう!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です