ゴルフ|初心者必見!左足下がりからのライを攻略!


スポンサードリンク




お早うございます。~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

左足下がりのライはナイスショットの球でも起こりうる

「ナイスショット!」

フェアウェイのど真ん中に打ったとしても、なかなかのトラブルになってしまうことがあります。特に打ち下ろしホールでよくあるのが、左足下がりのライですね。ダウンヒルとも言います。

この左足下がりは結構厄介です。ダフり、トップの危険が高くなります。通常のスイングに比べて、インパクト前で地面に触れてしまう状況です。

打ち方に工夫をしなければ、ミスの元になります。

然し、上手く打てるとかなりの技術アップが見込まれます。

ミスを防ぐには、まず左足下がりのライで出がちな球筋を把握しておくことです。

まず、低い球しか出ないこと、と、スライスになりやすいことです。

つまり、元々低いスライスボールになってしまうので、無理に高い球やフックボールを打とうとしないことが、ミス予防の大前提です。

最大のコツは、「低い球で攻める」意識を高く持つことです。

そのためのアドレスやショットを心掛けることだと思います。

左足下がりのアドレスは、傾斜に沿って?地球に垂直に?

左足下がりのアドレスついて、傾斜に沿うのか、それとも地球に垂直に立つのか、論議されます。

色々なコーチに訊いてみると、どちらかと言えば、傾斜に沿って立つ方が多いようです。

垂直に立った方が普段と同じようにスイング出来ますが、左足下がりではインパクト前で地面にクラブが触れてしまう率が高くなります。

傾斜に沿って立つ方が、そのリスクは少なくなります。そうなると、左足に普段より体重がかかることになります。バランスのとり方がいつもと違うので練習と慣れが必要になります。

スイング中も右足に体重を極力移動させない方がミスになりにくいです。

球の位置も通常より右足寄りに置いた方が、保険になります。但し、あまり右寄りにしすぎるとシャンクになってしまうこともあるので、極端な球の置き方は避けた方が無難です。

左足下がりのスイングは、バランスを崩さない範囲内で

左足下がりの場合、左足に体重が乗っています。右足に体重を移動させすぎるとバランスを保つのが難しくなります。

ほぼ左足に体重が乗ったままスイングを完結させる感じです。

そのためには、フルスイングのような大きなスイングは出来ません。アドレスからフィニッシュまで左ひざの高さが変わらない範囲で振るのが一番気を付けることです。

ライ状況がよくない時のセオリーですが、やはりグリップを短めに持つ方がミート率もよくなるのでおススメです。

「コンパクトにスイング」が左足下がり攻略のコツです。

もう一つ、大事なのはスライスが出やすいライなので、フェースが開いて当たるのは、プッシュスライスになってしまい大きなミスの原因になってしまいます。

シャット気味に当てるくらいの気持ちの方が安心です。

左足下がりは時のスイング軌道はいつも通り?カット軌道?

左足下がりの時のスイング軌道ですが、いつもと同じようにするか、アウトサイドインのカット軌道にするか、二通りの方法があります。

どちらを採用するかもプロでも二手に分かれるようです。

通常軌道の利点ですが、やはり方向性の安定が一番のようです。

カット軌道の利点は、傾斜の度合いを軽減させられることです。

どちらが上手く打てるかは、プレーヤー次第のようなので、各々で試してみてください。

因みに私の場合は、カット軌道で打っています。

理由は、どちらにせよプロほど方向性の精度も高くないですし、傾斜の度合いを軽減させた方が大ミスを防げるからです。

またカット打ちの方が、低くヘッドを出しやすいという利点もあります。

まとめ

練習場と違い、本番のラウンドではフラットな場所で打つ方が少ないです。あらゆる状況でも工夫してショットしなければいけません。

左足下がりは、上級者でも難しいライです。トップダフりも出やすく、球も上がりません。

元々低い球しか出ないのですから、高く上げようとせずに、「低い球で攻める」意識を持つことで、ミスを軽減させます。

少しでも、スムーズに振れないと思ったら、グリップを短く持ってコンパクトに!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です