ゴルフ|球がつかまる打ち方を覚えよう!コツと体感練習


スポンサードリンク



お早うございます!~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

「球がつかまる」というけれど、実際どんな打ち方なの?

よく「球がつかまっているね~」とか「球がつかまっていないから、スライスするんだよ」なんて会話がチラホラ聞こえてきますね。

でも「球がつかまる」ってどんなことなんでしょうか?果たして、自分の打ち方は球がつかまっているのでしょうか?

つかまっていない人はスライス、つかまるとフックになりやすい、なんて言いますが、自分はつかまっていないのにフック病でした。

つかまっていなくてもフックになる可能性もあるんです。

以前に某ツアープロに指摘されて、納得したことがあります。下記にその理由と改善法があります。

そもそも「つかまる」ってどういうこと?

球がつかまる、とういうのは、簡単に言えば「インパクト時にフェースに長く乗って、ヘッドでしっかりと球を押し出すことが出来る」ことです。

スイング軌道は、円を描きます。その先にあるヘッドも当然円を描いています。

身体の中心より外にあるクラブは運動量が大きくなります。

またヘッドだけを考えると、フェースのトゥとヒールでは、トゥの方が外にある分運動量が大きくなるはずです。

つまりこういうことですね。

体軸を中心とした円運動で身体よりクラブ、ヒールよりトゥの方が運動量が多くなるのです。

ヒールよりトゥを多く動かす時に正しい軌道でヘッドが加速するのです。

体感的には、インパクト前後でクラブが身体を追い越すイメージです。

手が先に出てしまったりしては、絶対に球をつかまえることが出来ません。

また、フェースもローテーションをしないとトゥが先に行くことはありません。

プロが「フェースローテーションを抑えて」と言っていますが、あくまでフェースをターンさせることが前提でその中で抑えている、ということです。

このような動きを「抑える」と勘違いしている方が多いそうです。

プロから教わった「球をつかまえる」打ち方体感法

少し前、某ツアープロに直接アドバイスを受ける機会がありました。

「あなたのスイングは球をつかまえていないフックです」

えっ!?フックってつかまりすぎじゃないの?

「極端なインサイドアウトで振っています。正しくフェースがターンしていません。プロは必ずフェースをしっかりとターンさせて球をつかまえに行きます。フェードでもしっかりと球をつかまえています」

そうなんだ。では、どうすれば「球をつかまえる」ことが出来るのでしょうか?

「まずは、球を正しくつかまえる感覚を養ってください。それが分からなければ一生正しいスイングは身につきません」

結構厳しい言い方をされました。流石ツアープロ!っていう感じでした。

方法は、

「アドレスは狭く、一足分くらいの幅で構える」

「下半身は使わず、シャフトが地面と平行になるまでテークバックを取る。その時にリーディングエッジが空に向くように」

意外にフェースを開く感じです。左手甲も視線と飛球線方向とほぼ平行になる感じです。

「フォローも同じくシャフトが地面と平行になるまでスイングして下さい。その時もリーディングエッジが空に向くように」

ほぼ180°のスイング軌道ですが、積極的にフェースを返していかないとリーディングエッジが立ってきません。

「グリップの位置は出来るだけ同じ位置になるように。そのためには、常に左手が右手の下にあるつもりでないと上手くいきません」

これって、かなりフックがかかっちゃうんじゃね?と思いながらスイングしました。

実際に打ってみました。

「あれ?」

意外にまっすぐ行きました。出球はほぼ真っすぐ、頂点から落ちる辺りで左に流れる程度でした。

更に驚いたのは、球がフェースに長くくっついている感覚がありました。

「その軌道でいいんです。落ち際にフックがかかるのは正しく打てている証拠です。下半身を使っていけば球筋も真っすぐになっていきます」

出来るだけグリップを動かさずにいると、反比例してヘッドが大きく動いてくれます。

コツは、ダウンに入る時にはフェースターンをし始めなければ間に合わないこと、とインパクト直前からフォローにかけて絶えず左手が下を向いている(右手が上にある)ようにすること、です。

まとめ

「球がつかまる」「球をつかまえる」ことは、ナイスショットには欠かせないスキルです。

その為にはしっかりとフェースをローテーションさせて、軌道を安定させることが大事です。

現在、フェースターンを抑えるスイングが流行していますが、まずは、「しっかりとフェースをターンさせることを覚えてから」抑えるスイングを覚えてください。

「フェースターンを抑える」ことを勘違いしていると、いつまでも正しいスイングにたどり着けません。

その為には、下半身を使わず上半身だけでしっかりと球をつかまえる感覚を養う練習をしましょう。

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です