ゴルフ|食べても太らない身体を作るポイントは?


スポンサードリンク



夏に向けて痩せたい!でも好きなものを食べたい

お早うございます!~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

大分暖かくなりました。そろそろ薄着になる季節ですね。

ゴルフのラウンドも長袖から半袖に着替える頃です。

しかし、着る服が薄くなるほど、体型が目立ち始めます。そうなると出来るだけ腹回りのぜい肉は減らしたいものです。

私も筋トレを始める前は、ズボンのベルト周りのぜい肉が大分気になっていました。

しかし、今は多少食べ物は気にするものの、無理な食事制限はしていません。

甘いものも食べています。

筋トレを継続している現在では、全く脂肪が増えなくなりました。

チョッとジョギングの量を増やして多少絞ろうかなぁと思うくらいです。

45歳過ぎてから始めた筋トレですが、いつ始めても遅くないんだな、と実感しています。

しかし、筋トレってなんでダイエットに効果があるのでしょうか?

筋トレすると、その後も脂肪が燃焼し続ける

アフターバーンという言葉をご存知ですか?日本語の正式名称は「運動後過剰酸素消費量」といいます。

簡単にいうと「身体にメッチャ負担かけると、運動後もずっと脂肪が燃焼し続ける」ことです。

筋トレって、限界近くまで負荷をかけると、体内に乳酸が溜まります。乳酸を除くには、多くの酸素を消費します。

その時にカロリーを消費しながら、傷んだ筋肉を修復しようとします。その時も酸素を消費します。カロリー消費するときは、脂肪を使います。

目一杯鍛えた後は、1時間くらいはかなり効率よく脂肪を燃焼していきます。

その後も少しずつですが、最長72時間くらい続きます。

週3回でもトレーニングを続けると、筋肉修復のためにカロリー消費しっぱなしになります!(笑)


スポンサードリンク



ジョギングではアフターバーンにならない!

軽い運動は、脂肪燃焼には非常に効果があるのですが、運動後にカロリー消費は見込めません。

ジョギングでなく、負荷のかかったランニングならアフターバーンになる確率が高くなります。

やはりハードに身体に負担を掛けなければいけないんですね。

以前記事にもしましたが、筋トレを始めた頃は、チャリ漕ぎ5分で死にそうになっていました。💦

それから徐々に負荷を増やしていって、今では1時間くらい走っても問題なくなりました。

いきなり強い負荷をかけないで、少しずつでいいので増やし、長期計画で続ければ確実に効果が出始めます。

まとめ

夏に向けて余計なぜい肉は減らしたいものです。でも好きなものを食べたい・・・。そうなるなら、食べても太らない身体を作ればいい!

そのためには筋トレが一番です。アフターバーンといい、運動後も長時間カロリーを消費してくれます。

常に脂肪燃焼をしてくれれば、無理なダイエットをしなくても済みます。

45歳過ぎても効果があるのは、私が実証済みです。

幾つになっても太らない身体を作れます。

徐々にでもいいので、トレーニングを始めましょう!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です