ゴルフ|初心者必見!フリーウェイト、マシン、自重トレどう違うの?


スポンサードリンク




お早うございます。(*・ω・)ノ

 

筋トレは大きく分けて、自重、マシン、フリーウェイトがある

ワタクシ、筋トレを始めて、もう数年経っていますが、フリーウェイト、マシン、自重を色々試しました。

何をやっても、一長一短なので、何が良いとかは言いづらいのですが、それぞれいいところがあるな、と思っています。

いつでも何処でも!自重トレ

自重トレの一番の利点は、いつでも何処でもできる、ということです。

筋トレって、期間が空きすぎるとなかなか効果が表れません。すると、大事になってくるのは、トレする機会を作る、ことです。

仕事が忙しくて・・・・・・、とか、ジムに行くのがかったるい、など、色々な理由で、優先順位が後ろになってしまうこともあります。

そうなると、いつでも何処でもできる、のは非常に有難いです。

プッシュアップ(腕立て伏せ)とか、シットアップなど超メジャーなトレーニングもあります。

姿勢やフォームを少しいじれば、強度や鍛える部位も変えられます。

大方の筋肉は、自重でもトレが可能です。

但し、やり続けると物足りなくなります。

筋肉が大きくなるために必要な回数は10回前後です。20回も30回も出来るようになると、持久筋力という、別の鍛え方になってしまいます。

筋肉を大きくしたいなら、10回前後で限界が来る重さ、筋力を強くしたいなら5回以下しかできない重さに設定しなければいけません。

ベンチプレスとプッシュアップ(腕立て腕)は、両方とも主に大胸筋と上腕三頭筋(二の腕のウラ)を鍛えるトレですが、プッシュアップだと負荷に限界があります。

因みに、現在ワタクシは、ベンチプレス65~70kg挙げていますが、これをプッシュアップで行なうと逆立ちでするしかありません。(逆立ちで行なう時点で違う筋トレになってしまいますが)もしくは、リュックに何10kgの重りを入れて担ぐしかありません。すでに自重になっていませんね。(;^_^A

つまり、ある程度経験を重ねると、トレーニングによっては限界が来てしまいます。

初心者でも比較的安全で高負荷のトレーニングできる!マシントレ

 


マシンはどうでしょうか?

マシンというとジムでガッチャンガッチャンやっているイメージですが、最近は自宅用をネットでも買えるようです。


モノによっては部屋のスペースを大きく占めてしまうので、環境によっては難しいかもしれません。

最近は24時間営業のトレーニングジムが増えてきました。

自分の生活サイクルに合わせた、やり方もできますね。

マシンの利点は、かなりの負荷でトレーニングを積めるという所と、重い重量を扱うにもかかわらず、使用法が正しければ安全である、という所です。

また、ジムに行けば分かると思いますが、重りと重りの隙間の重量を小さな重りで調整できるものもあります。

筋トレは、いきなり負荷を上げるのではなく、少しずつ上げていくのが大事なので、最適の重量で臨めます。

また、基本は軌道が一方向なために、安定した動きの中でトレーニングができます。大胸筋、上腕三頭筋トレでチェストプレスというマシンがあるのですが、浅く座ったりして、姿勢を少し変えると刺激する部位が変わってくるで工夫をすれば、バリエーションもできます。

やってる感満載!最大限鍛えあげられるフリーウェイト

但し、本当に筋力をつけたいならフリーウェイトです。

マシンとの違いは、正しいフォームでないと危険、ということです。これが、ある意味本当の実戦向きな筋トレになるのです。

例えば、ベンチプレス。仰向けになりバーベルを挙げ下げするのですが、バランスを崩せば前後にも左右にもブレます。人は必死で支えます。マシンの場合は、それがありません。

実際のスポーツは、動作が複雑で複合的です。

フリーウェイトは、動かしたい方向+違う方向への制御も必要になるので、実戦向きなのです。

ワタクシは、以前はフリーウェイト中心で行なっていたのですが、現在は強負荷のもの以外は、マシン中心で行なっています。

なぜなら、フリーウェイトで、手首や肩を痛めてしまったからです。大体は70kg以上、重いときは100kgオーバーを扱うので、ちょっとしたフォームのずれでケガをしてしまいます。

自分がただ下手なのでは?と言われてしまえばそれまでなのですが、サポーターなしでやっていると、毎回同じ正しいフォームで、というのが困難です。

ケガをしては元も子もない、と思い、マシン中心にメニューを変更しました。

 

まとめ

自重→マシン→フリーウェイトの順で、手軽→ハードル高め、で、効果小→大、ですが、自重でも正しく行えばかなり効果があります。フリーウェイトでも、ケガをしたら全く意味がありません。

運動をしないと、25歳を過ぎたあたりから、毎年、筋肉量が1%ずつ落ちると言われています。それを防ぐには意識的に鍛えるしかありません。

自分に合った、トレーニング方法や環境を作って、体力の維持、向上をめざして、ゴルフも楽しくできるようにしましょう!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です