ゴルフ練習場の人工芝の上ではミスショットばかり!?天然芝との違い


スポンサードリンク




お早うございます!~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

練習場ではナイスショットなのに、本番ではダフりトップのオンパレード

ラウンド前の練習でナイスショットを連発し「おっ!結構調子いいかも?」と思いきや、いざ本番となるとミスショットの連発・・・・・・。(´;ω;`)ウッ…

「こんなはずじゃなかったのに」アマチュアでよく経験する出来事です。

その理由は、練習場にある人工芝の上からでナイスショットだと思っていても、実はミスショットばかりの可能性が高いからです。

人工芝と天然芝の違いは?

人工芝の特徴は、とにかく耐久性がある、ということですね。天然芝の場合、一度打ったら大抵はがれてしまい、同じ状況から打つことはありません。(当たり前ですが)

そのため、芝の下も(土より)硬く、芝自身も硬めで滑りやすくなっています。

そう、この耐久性を持たせるための工夫が厄介なんですね。

天然芝は、下が土なので打ち込んでもクラブは地面より下に入れることが出来ます。人工芝はそれが出来ません。地面にクラブが当たると跳ねる形になります。そうすると、ダウンブローに打つことが難しくなります。

また、芝自身も滑りやすくなっているので、やや手前から入ってもナイスショットになります。天然芝ではそうはいきません。そのまま土の中に入り込んでしまいます。

もう1つは、「いつも同じ状態から打つことが出来る」ことです。実際のラウンドでは、芝が生えていたり、剥げていて土の上からだったりします。フラットに見えていても、実はわずかな傾斜があって、足場と球の高さが少しだけ違っていたりと、逆に同じ状況で打つことはありません。

上級者は、アプローチなどの場合、順目か逆目を非常に気にします。

それ程、人工芝と天然芝は違いがあります。

練習場でもできる!正しくコンタクトできているかのチェック法

「じゃあ、練習にならないの?」と疑問になるかと思いますが、そうではありません。

ゴルフの基本中の基本「球にクリーンにヒットする」ことの練習をすることができます。

どうすれば、クリーンヒットできるか?昔私もコーチに訊きました。

「ヒットした時の音を聞いてください。芝が挟まった時は”シュパッ”という音になります。クリーンに当たった時は”カチッ”と硬い音がします」

当時、私も”シュパッ”という音を立てて打っていました。逆にこの音が気持ちよくて、これがナイスショットの音だと思っていました。

以前、男子プロのトーナメントを観戦した時、プロのヒット音は、「石を打ったんじゃね?」とも思うくらい乾いた音をさせていました。

この音を体感するために、まずは自分が正しくコンタクトできているかのチェック法を紹介します。

人工芝の上に球をセットし、後ろに絆創膏やマスキングテープを貼ってみてください。

ホントはギリギリに貼ることがおススメですが、少し間を空けてもOKです。ショートアイアンでいつもと同じようにショットして剝がれなければ、ナイスショットです。

コーチ曰く「アマチュアの方の大半は剥がれますよ。初心者の方は3cmくらい後ろでも剥がれます」と仰っていました。人工芝ってどれだけ滑るんでしょうか?

練習場で出来る効果的な練習法は?

手前からクラブが入っているのを自覚したら、実際にクリーンに当てる練習をしてみましょう。

一番の練習法は「チョットだけティアップして打つ」です。

すごくシンプルですが、これが一番だと思います。

以前記事にもしましたが、その方がフェアウェイと同じ状況に近くなります。

ブログ記事:初心者でも安心!打ちっぱなしでまず始める練習

球の先の下に空間があるので、ダウンブローに打つ練習にもなります。

アレンジですが、マットの先ギリギリに球を置く方法です。マット分の厚さがあるので、地面を叩かずに打てることが出来れば、手首に衝撃が走らないので負担になりません。

もう一つは、逆にマットの一番後ろギリギリに置く方法です。これはかなり上級者の練習法です。少しでも手前から入るとマットの側面に当たるので、手にかなりの衝撃が走ります。

あとは、人工マットではなくゴムの上から打つ練習法です。こちらもクラブの入れ方がシビアなので、非常に難しい練習法です。ただ、ゴムマットを削ってしまうこともあるので、練習場の了解をとってからの方がいいかも?です。

上の2点は手首を痛めてしまう恐れがありますので、上級者以外おススメできません。

まとめ

練習場にある人工マットからの練習は、下手をするとミスショットなのにそれにくづくことが出来ない恐れがあります。

人工芝の特性を知り、それを生かしながら、練習にへげみましょう!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です