ゴルフ|上達の近道 グリップでスライスの原因を突き詰めてみる


スポンサードリンク




お早うございます。(*・ω・)ノ

 

スライサーの数だけ原因があるスライス

多くのアマチュアゴルファーは、「スライス」で悩んでいます。

ワタクシは、現在フック持ちでしたが、始めた当初はやはり多分に漏れず「スライサー」でした。

どうやったらフックになるのか日々悩んでいた記憶があります。

「スライスの原因は、スライサーの数だけある」なんて言葉があります。

これを克服すれば、治る!という特効薬はない、とコーチの方々がおっしゃっていました。

それが、厄介ですね・・・・・・・。

スライスする原因は数多あっても現象は2つしかない

但し、スライスになる現象は2つしかありません。

①軌道は正しいのですが、フェイスが開いて球にコンタクトしている


②フェイスは、正面でコンタクトしているが、軌道が外から内へ抜けている

です。

さらに突き詰めれば、軌道からみてフェイスが開いてコンタクトしている、の1点になります。

以前、記事にしました

ブログ記事:球筋には9種類ある。どの球筋が理想?

でもお話ししましたように、スライスは3種類あって、プルエリア、ストレート、プッシュエリアから球が飛び出して右に曲がっていきます。

プルエリアからのスライスは、距離が出ない、球が弱い、などのデメリットがありますが、比較的大ケガしない球筋ですね。

最悪なのが、プッシュスライス。この球が出始めると、スコアどころじゃなくなってしまいます。

実はこの球筋はスライサーよりフッカーの方が出やすいミスです。フッカーの特徴であるインサイドアウトの軌道からフェースが戻ってこないときに起こるからです。

 

まずはフェースが開いてしまう原因を探ってみよう・グリップ編

今回は、フェースが戻ってこない、開く原因を探りたいと思います。

ゴルフクラブの形状は野球のバットなど、他のスポーツ道具と比べて特殊なことがあります。それは芯の位置が直線状にないことです。

コーチに伺ったところ

「ゴルフクラブは、自然とヘッドが開く方向に回転するつくりになっています。つまり何も意識せずにテイクバックすると、フェースは勝手に開いてしまいます。

アマチュアゴルファーが、スライスになってしまうのは、ゴルフクラブがそもそも開くデザインになっていることを理解していないから」だそうです。

クラブの形状から開きながら回転する

典型的なスライサーは、フェースが開いてしまうことを意識していないため、左手の甲が上を向くような形で上げてしまうことが多いそうです。トップ以前にこれだけ開いてしまうと元の位置に戻すのは非常に困難になってしまいます。

テークバックで許容以上に開いたフェースは戻せないため、クラブを外から降ろすことで、フェースを無理矢理に戻す形になってしまいます。その結果、アウトサイドインの軌道になってしまいます。

テークバックで開いてしまう現象を防ぐにはどうすればいいのか?

沢山の理由がありますが、まずはグリップから見直した方がよいとアドバイスをしてくれました。

まずはニュートラルの位置を覚えましょう。左手の人差し指と親指の作るV字が、自分の右肩を指すように握ります。左手中指の付け根のこぶが見えるくらいです。グリップを変えると慣れるまで非常に違和感を感じます。まずは、ニュートラルで握ってみてそこから調節していきましょう。

まとめ

スライスの原因は、沢山ありますが、現象としては、フェースが開くかフェースから見てカット軌道になっているしかありません。
まずは、クラブの構造を理解し、フェースが必要以上に開かない工夫をしてみよう!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です