ゴルフ|ハンドファーストで飛距離も安定度もアップ!


スポンサードリンク



お早うございます!~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

ハンドファーストで打てればミスも軽減、飛距離もアップ

ハンドファーストはゴルフの基本、なんてよく言われますが、これがなかなか上手く出来ません。

「いやいや、自分はちゃんと出来ているよ」なんて思っていても、実際アマチュアは出来ていないことが多いそうです。

その前にハンドファーストが出来るとどんなメリットがあるのでしょうか?

ハンドファーストとは、クラブヘッドよりグリップが飛球線方向側にある形です。この形でインパクトを迎えるとロフトが立ってきます。

すると、クラブのスイートスポットでコンタクト出来やすくなりますし、押し込むこともできますので、強い球が出るようになります。

更にスイングアークの最下点より手前でインパクトしますので、トップ、ダフリなどのミスも抑えられます。

飛距離も上がり、ミスも軽減。理想のインパクトですね。

ハンドレート、つまり、グリップより先にヘッドが先行させる場合は、ロブショット、もしくは人によってですが、バンカーのエクスプロージョンくらいでしょうか?

ドライバーは違う、という方もいらっしゃいますが、プロのほとんどはハンドファーストだそうです。

ハンドファーストの正しいアドレス、インパクトは?

ハンドファーストの正しいアドレスは、球を身体の中心にセッティングします。

グリップは左内ももあたりに構えます。大事なのは、球とグリップ、左肩が一直線になることです。

インパクトもこの状態をキープしながら迎えるのが理想です。

もう一つ大事なポイントは、左脚体重であることです。

下半身をしっかりと使える形が自ずとハンドファーストになると言ってもいいでしょう。

但し、ハンドファーストを意識しすぎて、グリップが極端に前に出てしまい、逆くの字になるのはNGです。力感、タイミング、全てが崩れてしまいます。

球、グリップ、左肩が一直線になることと、左脚体重にすること、この2つがハンドファーストの基本です。

ハンドファーストをキープするコツは?

上記した2つ以外に、さらなるポイントは何でしょうか?

コーチに訊いたところ、「インパクト過ぎまで、右手の角度を崩さないようにする」そうです。アマチュアは、どうしても右手の角度が崩れやすく、グリップより先にヘッドが行きがちになります。ライ角もキープできなくなりますので、正しくインパクトも出来ません。

理想は、左手リードでスイングを作れると上手くいくそうです。右手が強いと、どうしてもヘッドが先行してしまうので、思わぬミスを誘発してしまいます。

ハンドファーストをマスターする練習法とは?

一番効果のあるハンドファーストマスター練習法は「ハーフショット」だそうです。

以前記事にしました「ビジネスゾーン」でハンドファーストを練習するのが、近道のようです。理由は、トップ位置やダウンの角度など、他に気をつけなければいけないことを排除して「ハンドファーストのみだけを意識できる」からです。

クラブが立ちながら、インパクトする感覚を会得することに集中する。体重移動をせずに左脚体重のまま、スイングするのもよいようです。

クラブは、小さい番手でOKです。

出球が強く低くなった感覚、私は「インパクトが厚くなった」感覚がありました。

まとめ

ハンドファーストは、スイングとして気を付けるポイントでありますし、上達するには必要なコツです。

インパクト時、グリップが先行させて打てれば、飛距離もアップ、安定性も向上します。

その為には、左脚体重と右手の角度キープを維持すること、です。

練習では、ハーフショットで集中的にすることが、マスターの近道です。

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です