ゴルフ|ハンドダウン、ハンドアップが原因でスライスなっている!


スポンサードリンク



お早うございます!~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

フックを嫌っていつの間にかハンドアップ気味になっていた!

一昨年、フックが治らないので、あれこれアドレスからいじっていました。いじりすぎて、何が何だか分からなくなっていた時期です。(-_-;)

引っかけが出ない、と思って試したのがハンドアップ。決してハンドアップにしようと思ったのではなく、左に行かないようにとしていたらそうなっていました。

スマホで動画を撮ってみたら、グリップエンドが胸郭辺りを指していました。身体からもグリップが離れていて、確かにフックは出づらい形ですが、決していい形ではありません。

何故ハンドアップはフックが出づらい形なのでしょうか?

ハンドダウン、ハンドアップってどんな形?

正しいグリップから見て、トウが上がりすぎている状態をハンドダウンといいます。

逆にソールがピッタリと地面に触っている状態、もしくはヒールが浮いてしまっている場合をハンドアップといいます。

ハンドダウンで、トウが上がりすぎている状態はクラブはアップライトになっています。はじめから目標方向より左に向いています。これだと、左方向に行きやすいですし、フック回転もかかりやすくなります。つま先上がりと同じような状況になっていますね。

ハンドアップの場合、ヒールが上がってしまっているのですから、今度は逆にヘッドが開いたままで戻りにくく右に出やすくスライス回転になりがちですね。つま先下がりに似た状況になっています。

つまり、平坦ライからでも、つま先上がり、つま先下がりのような状態を作っているのです。

この状態で正しく飛ばそうとしても、非常に難しくなります。クラブフェースを正しく使える状態で構えていなければ、結局はスイングの小細工で真っすぐ打とうとしてしまいます。

実はハンドダウンでもスライスが出てしまう可能性が!

ハンドダウンは、左に出やすくフックになりやすい、と書きました。それでも、スライスが出てしまう方がいらっしゃるそうです。

以前にコーチと話していたことを思い出しました。

「ハンドダウンでもスライスする原因は、遠心力にあるんです」

ふむふむ

「極端に親指側に折ってグリップをすると遠心力がかかったときに耐え切れずその角度が伸びてしまうんです。すると、アドレスした位置より浮いた状態でインパクトを迎え結果、ひどいスライスになってしまうんです」

この三角形をキープできなくなる

なるほど、スライスを嫌がってどんどんハンドダウンにしたら、かえって逆効果になってしまう場合があるんですね。

クラブのライ角通りに構えることが大事です。トウが少しだけ浮いた状態に合わせてクラブの角度を決めてください。腕は地面に自然に垂らした状態で。インパクトの時もその位置で迎えるようにしてください」

以前にも記事にしましたが、スイング中、終始ライ角を保つことがミスを防ぐ大事な要素なんですね。

上級者は、ラウンド中あえてハンドダウン、ハンドアップにして調整している

クラブのライ角をアップライト、フラットにすることで球筋が変わることを理解しているので、逆にこれを応用しているそうです。

絶対に右に行きたくない場合は、ハンドダウン気味にしたりするそうです。逆の場合はハンドアップに。

上のようなミスが出てしまう方は使いづらいですが、クラブの傾向通り打てる方には有効化かも!ですね。

また、ハンドダウンにすると遠心力が使いづらいため距離も落ちます。ピンまでの距離が短いバンカーショットの時、ハンドダウンにして距離の出ない準備をする、とも言っていました。

まとめ

ライ角通り構えて、スイングすることが大事なのですが、毎回同じようにアドレスを取ることは非常に難しいです。

ハンドダウンは左にハンドアップは右に出がちです。球筋を見て、グリップの位置を確かめるのもミスを防ぐ一つになると思います。

上級者になれば、わざとグリップ位置を調整して球筋のコントロールすることもできます。

まずは、アドレスで、正しいライ角で構えてその角度を維持しながらスイングすることを心がけましょう!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です