ゴルフ|手打ちになったのは加齢のせい?


スポンサードリンク



突然出る大プッシュ!オーバースイングが原因?

お早うございます!~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

最近、練習でもラウンドでも突然大プッシュが出ることがあります。

同じようにスイングしているつもりなんですが、何処かおかしいのでしょう。

恐らくなんですが、トップの時点でクラブヘッドが左目の先に見えることがあります。(特にドライバーで)

いわゆるオーバースイングですね。(;^_^A

このオーバースイングがスイング軌道にオイタをしているようです。しかし、トップでクラブが行き過ぎないように気を付けているのですが、どうもシックリこない。

タイミングが変わってしまうので、スイングがぎこちなくなってしまいます。

タイミングって恐ろしい程球筋が変わってしまうのに、違うタイミングに変えるのは簡単ではありません。

結局は手打ちになっているのか?

オーバースイングになっているということは、やはり手を使っているのだと思います。

コッキングが大きくなったり、腕を必要以上に動かしたりしないようにしているのですが、つい動いてしまうようです。

コーチに訊いたところ

「まずは、振りすぎです。身体を目一杯使っているようですが、身体の出力がクラブに伝わっていません」

とのこと。身体をガンガン鍛えてるのが裏目に出ているようです。

身体を使ってスイングしているつもりなんですが、手打ち病が表れてきています。

「身体が若い時に比べて硬くなっていません?それが手打ちの原因のように見えます」コーチからの痛いお言葉。

確かに・・・。間違いなく関節の滑らかさが減耗してい感があります。

でも身体が硬くなると手打ちになるって?

身体の硬さが手打ちの原因だった!

鏡に向かってスッとトップを作ってみました。

「あれ?」

昔より、浅くなっている気がします。多分ほんの数センチだと思いますが、肩が入っていないようです。

「そこが大事なんです。その数センチ浅いのは仕方ないのですが、昔と同じようなグリップ位置まで無理に腕で引っ張ってしまうのが原因なんです

あっ!トップを作る寸前で腕を思いっきり使っていました。引っ張った勢いで、グリップも大きくコッキングしています。

昔のトップの深さが忘れられないのですね。悲しい加齢のサガです。

普段ストレッチしているのにな~。( ノД`)シクシク…


スポンサードリンク



少しでも手を動かし始めたら手打ちは止まらなくなる

「無理に手で引っ張ってトップを使い始めたら、それを戻すためにまた手を使ってしまいます。あくまでも上半身の捻転、胸郭をしっかり回すことでトップを作ってください」

いくらストレッチをしても、スイング中に身体を回すことを意識しなければいけません。

よく言われるのは「トップの時点では、身体がきつくなっている」こと。

プロの方や多くのコーチからも聞く言葉です。

実際のところ、トップできつい!と感じていませんでした。最大限回す前に腕で楽をしていたのだなぁ、と分かりました。

鏡を見ながら、目一杯上半身を捻転させます。昔ながらの位置まで肩を入れてみました。

「き、きつい!」

このきつさが捻転差なんですね。肩を限界まで回すと腕から先をほとんど動かさなくて済みます。

今回気付いたのは、スイングの一連の中で、動かすべき部位を動かせないと動かしてはいけない部位が動いてしまうことです。

これが簡単に出来たら、ゴルフは楽勝なんでしょうが(;^_^A

まとめ

プッシュアウトの原因は、オーバースイングでした。オーバースイングの原因をたどると手打ちでした。更にたどると、身体の硬化ということに。

普段からストレッチをしていてもスイングで意識しないと、身体の可動域まで使うことが出来ません。

トップでは、きつくなるまで身体を回さないといけないのですが、段々と楽な動きをしてしまいます。

アラフィフになった今だからこそ、初心に帰ってキッチリと身体を使わねば!です。

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です