ゴルフ|上達の近道 スウェーが防げる股関節のストレッチ


スポンサードリンク




お早うございます。(*・ω・)ノ

 

筋力アップだけでもダメ!股関節が硬いこともスウェーの原因

昨日は筋肉強化によってトップ時などでスウェーさせない内容を記事にしました。

ブログ記事:スウェーが防げるかも?の筋トレ・内転筋、中殿筋

飛距離アップ、スイングの安定を図るのに、太もも回りの筋肉を強化することは非常に有効です。

しかし、どんなに鍛えあげても、伸展、収縮、つまり筋肉がスムーズに伸び縮みしないと、力を発揮できません。

実はワタクシもトップ時で骨盤側面辺りに張りがあり、それが耐え切れずスイング中、無意識に身体が流れてしまうことがありました。

今までも、スウェーする原因として記事を書いてきましたが、また違う視点からアプローチします。

ブログ記事:なぜスウェーしちゃうの?
ブログ記事:トップアマに教わった「スウェー」か「スウェーではない」かの違い

スイング中、股関節の回転を勘違いしている!?

股関節回りの柔らかさについて、ご紹介したいと思います。

トップ時、上半身は背骨を中心に大きく右に回転します。肩甲骨の開閉云々は今回省きます。

その時に、下半身の動きはどうなるでしょう?

上半身と同様に右に回転させるのでしょうか?

どうも違うようです。

上半身は右への回転ですが、右股関節は内旋させるのが正解です。

内旋とは、股関節から内側に回転させる動きです。膝が内側に入り込むともいえます。

上半身と同じく右に回す動きは外旋となります。

股関節が外旋すると、いくらでも身体は回り、深いトップになっていると勘違いします。

膝も外に開いてしまい、足の小指側に体重が流れてしまいます。こうなると「身体が開いた」状態で、力のタメが出来ません。

上では、全て「回転」と表記しましたが、ゴルフスイングで必要な動作は「捻転」です。

上半身は右に、股関節は左(内旋)に使うことで、捻転差が出来ます。

股関節を内旋させるだけでは45度くらいしか回りません。そこで、肩甲骨の開閉でさらにトップを深くさせます。

この形を実際にやってみると、トップでは「コマネチにする」や「ベルトを回すように」、「股関節を斜めに使う」などの表現方法が理解できると思います。

ダウンからフォローにかけては、逆に上半身を左に回転させますが、左股関節は右(内旋)させます。

以上の動きを、ゆっくりとシャドースウィングをしてみると、軸が出来て、身体が左右に流れないことが実感できると思います。

 

股関節の内旋をスムーズにさせるストレッチ

この部位のストレッチですが、意識しないとなかなか伸ばすことが出来ません。

上で書きました、シャドウスウィングでも伸ばすことも出来ますが、床に座った状態でもできます。

図のように座って、片方の膝を内側にもう片方の膝を外側に倒します。内側に倒した方の膝を股関節からさらに倒していきます。この時、上半身は動かさず、お尻を床につけたままにしてください。お尻の外側が伸びていく感じがしたらOKです。
更に伸ばしたい時は、外側に倒した足を乗せて、重りにします。

 

まとめ

身体が硬いことで、スウェーなどのエラーを起こしてしまうこともあります。股関節回りの筋肉を柔らかくして、スムーズなスイングを心がけよう!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です