ゴルフ|お尻を鍛えれば飛距離、安定感が確実にアップ!


スポンサードリンク



今一番鍛えたい筋肉はお尻!

お早うございます!~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

ある程度続いた筋トレですが、一番鍛えたいと思っているのは、やはり「お尻」です。

初めの頃は、「カッコいい胸」や「逆三角形になりたいから背中」なんて思っていましたが、ゴルフを向上させたいならやはり下半身!

特に股関節に近いお尻は、スイング動力の元になります。

雑誌記事なんかでも、プロコーチ中井学氏が提唱している「ヒップターン」股関節周りの動きがそのままスイングの根幹になる理論です。

余談ですが中井氏に言わせると、欧米では「ヒップターン」はごく常識的な考えらしいですけどね。

知人のシングルさんに言われたのですが、

「上半身より下半身が強い人は問題ないが、逆に下半身より上半身が強い人はスイングが悪くなる」とのことでした。

上半身に頼ったスイングは、強烈な手打ちになりかねない危険があるかも?ですね。

お尻を鍛えれば飛距離が確実にアップする

お尻を鍛え始めて実感したことですが、飛距離は間違いなくアップします。

筋力がついたから、ということもありますが、トレーニングすることによってお尻を動かすことが出来たから、というのが印象です。

お尻に限らず普段動かしていない筋肉は、ゴルフ中いきなり使うことは出来ません。

お尻を中心にした下半身を動かせるようになったおかげで、上半身の力を抜くことが出来ました。特に腕に関しては、「軌道をなぞる」だけに徹することが出来ます。

手打ちはダメ、というのは誰しもが分かっていることですが、筋トレを始める前は下半身が弱く動かすことにも慣れていないので、手を使わざるを得なかった、ように思います。

下半身の出力は上半身の3倍と言われています。

楽に飛ばすにはお尻の筋肉が肝心ということは、間違いないと思います。


スポンサードリンク



お尻の筋肉を鍛えたらスイングの安定感にも発揮する

お尻の筋肉は、スイング安定にも発揮します。

スイング安定の基になるのは前傾姿勢のキープです。

骨盤の傾き、背骨の角度の一定が、前傾姿勢を安定させます。

お尻と脊柱起立筋(背骨に沿った筋肉)が弱いとどうしてもスイング中に保てなくなり身体が起き上がってしまいます。

そうなるとライ角を崩したり身体が突っ込んだりしないと球に届きません。

骨盤周りの筋肉は、スイングの根幹になるものと思っています。

お尻を鍛えるトレーニングは?

筋トレをされている方ならご存知だと思いますが、「ビッグ3」というトレーニングがあります。

ベンチプレス、スクワット、デッドリフトです。

この内スクワット、デッドリフトはお尻を鍛える効果があります。

スクワットのやり方は以前記事にしました。

私は肩幅よりやや広めで行っています。

更にもう1メニューを取り入れています。

肩幅よりも広くスタンスを取り、深めに挙上を取ります。

相撲の四股に近い形ですね。

重量は、通常のスクワットの2/3くらいの重さです。

これは、お尻に効きます!また股関節の奥にも届く感じで、非常に踏ん張りが強くなります。

デッドリフトですが、こちらも以前記事にしました。

私は、ハーフで行っています。下に下げるとき膝よりやや下までにします。

フル(床までバーベルを降ろす)だと脚の方までに効いてしまいます。お尻周りを重点的に鍛えたいので、ハーフにしています。

前の記事と合わせて参考にしてください。

スクワット、デッドリフトはかなりの重量を挙げることが出来ますので、やっていて「鍛えている!」という感触がありますが、初めは自重や軽めの重りでも充分です。まずは、お尻を動かす、ことが重要です。

まとめ

お尻の筋肉を鍛えると、間違いなく、飛距離、安定感ともにアップすること間違いありません。

大きな筋肉なので、かなりの重量を扱うことが出来ますが、初めは「お尻をしっかり動かすこと」からでも、かなりの効果がみられると思います。

お尻は大きな筋肉なので、鍛えることによって基礎代謝が上がりやすくダイエットにも通じます。

是非是非、お尻を鍛えてゴルフ力をアップさせましょう!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です