ゴルフ|アイアンは飛距離重視かコントロール重視か?


スポンサードリンク




お早うございます。(*・ω・)ノ

最近のアイアンは飛距離が出ます

「最近アイアン替えたけど、何だか飛ぶようになっちゃってさぁ・・・・・・」なんてアイアンの飛距離自慢をする方がいらっしゃいます。

確かにアイアンでも飛距離が出た方が、有利なことは間違いありません。

私も、筋トレのせいか、最近半~1番手くらい距離が上がったので、比較的楽になった場面も多々ありました。

クラブの性能が上がったことの影響は間違いないと思います。今のシャフトは、本当にしなりがよくなったと思うし、楽に上がる感じがします。

ただ、本当にそれだけで飛距離が伸びたのかなぁ、というのは疑問です。

上級者のコメント!飛距離が出すぎるアイアンは使いづらい

ワタクシの幼馴染でシングル君がいるのですが、少し前、こんな会話をしました。

「最近のクラブは使いづらい」

なんで?

「同じ番手でもロフトが立ちすぎている。低重心だから球は上がりやすいんだけどスピン量が減っちゃうので、ランが出すぎる」

とのことでした。

ストロングロフト、という言葉が表れて久しくなりました。ストロングロフト、言葉からのイメージは「強いインパクト
出せそう」なんですが、要は「角度が立っている」、だけのお話ですよね。

6番アイアンだが7って書いてあるクラブみたいな感じでしょうか?

6番アイアンの距離を7番と同じ感覚で打てるのは、決して悪くないと思います。

ただ、飛距離アップの理由が、出球が低くなったこともありますが、スピンが少なくなってランが増えた、ということもあると思います。

そもそもアイアンの一番の役割は狙ったところに打つ、ということなので出来るだけスピンがかかった方がコントロールしやすいのだと思います。

ワタクシたちアマチュアは、プロみたいに激スピンがかけられて、そのMAXから減らしながらコントロールなんて出来ません。

本来の役割を考えるなら、出来るだけスピンがかかって、その番手通りの飛距離が出る方がいいのかな?と思ってしまいます。

 

それでも飛距離はほしい!それならアイアンだけでなく球も飛ぶ方を選ぼう

「いやいや、それでも飛距離は欲しいんだよ」という方、全く否定しません。ゴルフの考え方はそれぞれですので、距離重視のクラブセッティングだって、いいと思います。

球の種類に「スピン系」と「ディスタンス系」の2種類があります。

スピン系は、名の通りよくスピンがかかりグリーン上でも球が止まりやすい性質です。

ディスタンス系は、スピン量を減らしてとにかく飛距離を重視したつくりになっています。そのためグリーン上などでは球は止まりにくくなります。



普段ワタクシ、スピン系を使っていますが、時折試しにディスタンス系を打ってみます。すると石を打ったみたいに打感が硬く、殆どコンタクトしている時間がないように感じました。

初速も速く「こりゃ飛んでるわ」と実感するくらい距離が伸びてきます。

「飛距離重視」のクラブを使っているのに、バリバリスピン系の球を使っている方が時折見受けられます。

折角、距離を稼ぎたいなら、ディスタンス系の球を使ったらいいのにな~、なんて他人事ながら思いました。

 

まとめ

最近のクラブの飛距離が出る理由は、シャフトなどの性能が上がったこともありますが、ロフトが立ったことも大きく起因しています。

つまり、スピン量が減り、ランが出すぎてしまう恐れも。

飛距離を取るのか、コントロールを取るのか。自分のゴルフの方向性を決めてクラブ、球選びをしよう!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です