ゴルフ|ライン出しはホール攻略の強い味方!攻めの幅がグッとアップ!


スポンサードリンク




お早うございます。(^O^)/

なんちゃって「ライン出し」は使えます!

ワタクシはよく、150yd以内になると、「ライン出し」を使います。ライン出しというと「おっ、プロみたい」なんて思われますが、フタを開けてみれば只のコントロールショットなんですけど・・・・・・。(;^_^A

この球を使うときは、ヨコにずれたくない、グリーン手前が比較的セーフティ、風が強いなどの状況です。

グリップをやや短く持ち、やや右足寄りに置くので、円弧が小さくなること、出球が低くなることで、道が通常の半分くらいの高さになります。また、インパクトも通常より鋭角に入るのでスピン量も多くなっています。

 

そのため風の影響を受けにいことと、滞空時間が短いお陰で、曲がり始めてもすぐに着弾するのでヨコのブレも少ないこととメリットがあります。

これが決まった時は、チョー気持ちいいです。(笑)結構なターフを取りながら、低く出てグリーン上で3バウンドくらいでビタッと止まる。

以前、知人から「うわっ、トップかい?と思ったら、すげースピンじゃん」と驚かれたときは、ちょっと快感でした。

人にもよりますが、ワタクシの場合、このショット、MAX飛距離よりも1割くらいしか落ちないので番手を一つ上げるだけです。

ライン出しは方向性重視!タテよりもヨコのブレを抑えたいときには使える!

この「なんちゃってライン出し」は、距離よりも、方向性を重視したい場合に使います。できるだけ、体の回転を使って球を打つことを心がけています。

極力手首を使わずに、ほぼ固定した状態で体の回転だけで球を打ち出します。元々、フルショットでも手首を使わないように打っているのですが、更にフェースが身体の正面からずれないようにしています。

ボールの回転と飛ぶ方向が決めるため、安定感のあるショットを打つためにもフェースの「向き」は特に重要です。

正しいかどうかわかりませんが、ワタクシの場合、右足寄りに置く分、ややインサイドアウトにフェースが入り気味になるので、少しだけオープンに構えて、相殺させています。

また、絶対にやってはいけないことは、「力み」「緩み」です。小さい振りなので、つい力んだり、番手が大きいため緩んだり、と心理的に双方の悪い影響が出がちになります。ワタクシも、練習場でかなりな時間を費やしました。

 

まとめ

昔は、残りのヤーデージを見て、この距離が残ったらこの番手、と決めて打っていました。最近は、いくつかの番手で多くの打ち方を試しています。その方が、大トラブルを避けることが分かってきました。

100点満点のショットを目指すより、80点くらいのショットの積み重ねの方がスコアはまとまります。

このなんちゃってライン出しもその一つです。

沢山の打ち方を試して、スコアアップにつなげよう!
ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です