ゴルフ|スコアアップ直結!距離が長いホールこそショートゲームを磨け!


スポンサードリンク




お早うございます。(*・ω・)ノ

最近、バックティ(青ティ)やチャンピオンティ(黒ティ)でラウンドすることが多くなってきました

最近、知り合いの方が「バックからやろう」の言葉から、バックティでやることが多くなってきました。

更に上級者となると当然のようにチャンピオンティから打ち始めます。(; ̄Д ̄)

6500ydくらいなら、まだ何とかなりますが、7000yd前後になるとパーオンなんて、そうそう出来るものではありません。
par4は400~450yd、par3は200yd前後なので、普段あまり使わない長めのクラブが大活躍します。

ただ、ワタクシの場合、正直どのティからでも楽しいので、余りこだわりませんが。(;^_^A

 

トップアマからアドバイス。長いホールの攻略法

ある知人が、「最近バックからやることが多くなってきたので、飛距離伸ばさないとさー」とぼやいていました。

彼はそのために重いバットで素振り、自宅で筋トレを頑張っているそうです。非常にいいことで、立派な努力だと思います。

すると、トップアマさんが、クールにアドバイスしていました。

「長いホールの攻略は、飛距離を伸ばすより、ショートゲームを磨いた方がいいですよ。それと、セカンドの距離が残ってもいいから、なるべくフェアウェイキープを心がけてください」

おおっ!正反対のこと言っている。

 

長いホールの時は、ボギーオン前提の戦略を

つまり、30ydくらい飛距離アップできたら話は変わりますが、頑張ったってアップ距離は10ydそこそこでしょう。
たとえ飛距離を10yd伸ばしても、セカンドショットで結局はミドルアイアン以上を持たなければいけません。上級者でもミドルアイアン以上はグリーンに乗せる確率はぐっと下がります。はじめから乗らないことを前提に、戦略の組み立てをしなければなりません。

それこそ以前記事にしました
ブログ記事:ボギーオンに徹するとシングルが見えてくるのようにグリーン周りの精度や戦略を上げた方がスコアに直結します。

また、はじめからボギーオン覚悟なら、ティショットもMAX飛距離はいりません。ティショットでマン振りベストショットでも次が残り200yd近くのラフからではパーオンなんて、ほぼほぼ不可能です。それなら、ストレスなく打てるフェアウェイにある方が、次打も狙いやすさが違います。

 

まとめ

長いホールの攻略は、ボギーオンを視野に入れた戦略を立てよう。それには、飛距離をアップするより、グリーン周りの技術を上げた方が間違いなくスコアアップになる!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です