ゴルフ|マーカーの使い方でスコアアップの手助け?


スポンサードリンク




お早うございます。(^O^)/

 

 

色々ある!マーカーの種類

 

グリーン上に置くマーカーって色々な種類がありますね。

カラフルだったり、大きいのも小さいのも、最近主流なのはマグネット式で帽子にくっ付けるものでしょうか?

意外に昔ながらのグリーンに差し込むタイプも重宝しますよね。マークをずらすよりグリーンに埋め込んだ方がよい場合のときにそうしますよね。たまに同伴者にそうリクエストされます。

ワタクシの使用しているマーカーはこれです。少し大きめで遠くからでもわかるようにしています。また、今まで同じものを使っている方を見たことがありません。グリーン上で間違うことがないのでこれも気に入っている理由の一つです。

七福神がかわいい☀グリーン上でも神頼み神頼み。

どんなマーカーを使っているかでも個性が出ますよね。


うっかりしがちなペナルティ マーカーをどう使う?

さて、グリーン上で「僕のライン上にあるから、キミのマークずらして」と言われ、パターの幅分自分のマークをずらします。

そして同伴者がパッティングしました。いざ自分の番が回ってきて、うっかりマークを戻し忘れてそのままパッティングしてしまったことってありませんか?

プライベートなら「ごめんなさい」で済ましてしまうこともありますが、コンペや競技ならペナルティです。

プロの試合でもごくまれにあるようですから、アマチュアなら当然あるでしょう。

マーカーがお助けの解決法

 

ワタクシのゴルフの先輩からいいアイデアをいただきました。

「マークをずらすときは、いつも置いてある側と逆を表にすると戻し忘れを防げるよ」

つまりこの状態を

ずらしたときは、ひっくり返して

の状態にして置く。これだったら、違和感があるので、自分の番の時絶対忘れません。

なるほど、細かいことだけどつまらないペナルティをもらわない工夫ですな。

マークをずらすとき、この方法を習慣づけたら、このミスは全くなくなりました。


まとめ

 

小さな工夫でつまらないミスをなくそう

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です