ゴルフ|ダフり克服にはトップボールを練習するのが上達の近道?


スポンサードリンク




お早うございます。(^O^)/

ダフりとトップが続くとゴルフが辛くなる

ラウンド中、ショックなのがボールは飛ばず、土だけが華々しく宙に舞うドンダフリ。それと、グリーンそばから

打った球が、乾いた音だけを残し奥のOBへ消えていくトップボール。

フックスライスでヨコ道に外れていくのも嫌ですが、タテのミスは立ち直れないくらいキツいですよね。

ダフり克服のための対処練習法

あるプロコーチと話し中に、この話題が上がったところ

「練習でトップボールの練習をしなさい」

ええっ!?トップが嫌なのにトップの練習をしろって?
そのコーチ曰く
「トップとダフリの原因は同じです。つまり両方とも最下点が球の手前にあるミスです。その最下点で地面に触らなかった場合はトップ、触った場合はダフリになるんです」

つまりこういうことです。

ティアップしない場合、スイングの最下点は必ず球の先になければならない。その第一歩が手前の地面に触らずクリーンに打つことから始めなさい、ということでした。

因みにタイガーはコンクリートの上にある球を難なく打っていた、と聞いたことがあります。

まとめ

練習ではナイスショットばかり追うのでなく、極端なことを試してみるのも大事、ということですね。

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です