ゴルフ|スコアアップ直結!ヨコのミスとタテのミス、どちらを防ぐ?


スポンサードリンク




お早うございます。(*・ω・)ノ

ラウンド中ヨコのミス、タテのミスどちらを気にしますか?

ある方が、ティショット後「アチャー、芯食わなかったよ」とボヤいていました。(´;ω;`)ウッ…

ほぼ真っすぐ、フェアウェイに残っているのにもかかわらず本人は納得していないようです。

また別のラウンドでのお話です。

残り100yd、ピンは奥め。

同伴者が放ったショットは、ピンに真っすぐ。いわゆるピン筋。

方向はバッチリでしたが、グリーンには乗ったものの、かなり手前にオン。長いパットが残ってしまいました。

とりあえず「ナイスオン」と声を掛けたら、本人もまんざらでもない顔で手を上げています。

 

ミスの許容範囲を知ろう

あるプロコーチとラウンドしていたときです。

9番アイアンでグリーンを狙いました。上手く打てたのですが、風の読みが悪く、何とかグリーンオンしましたが、かなり手前にショートでした。

自分としては、ショット的には悪くなかったので、まあ良しとしましょう、と思っていました。

ワタクシの表情を見て「今ショット、いいと思っていますか?そう思うなら、上手くなりませんよ。」と注意されました。

コーチがおっしゃるに、「距離が短くなればなるほど、タテの意識を強く持たなければいけない。ショット的には良くても、風の読み間違いでこれだけショートしたらミスだと思わなければいけません」だそうです。

短い距離ではヨコに曲がることが少ないためタテの感覚を大事にする



確かに、番手が小さくなれば、フック、スライスはそれ程かかりません。ヨコのミスは長いクラブほど大きくなります。つまり、短い距離ではタテの精度を上げることが大事だということです。

以前、伊澤利光プロがTVで同じようなことをインタビューで答えていました。

「ティショットで多少距離が落ちても、方向さえ良ければ、スコアにさほど影響はありません。芯を食ってもまげて林の中からでは、スコアになりません。逆に、残り距離が短くなればなるほど、タテのミスには神経質になります。私たちプロは、よほどのことがない限り短いクラブでヨコのミスはありませんから。大きい番手ではヨコのミス、小さい番手ではタテのミスをなくすことに心がけています

ティショットなどでは、多少距離が落ちてもスコアに直結しないことも多い

 

長い距離はヨコのミス、短い距離はタテのミスを減らそう!

ワタクシたち、アマチュアは逆の判断をしてしまうことがよくあります。

ドライバーでほぼほぼ真っすぐなのにMAX距離の8掛けのショットでも良しとできなかったり、ピンから遠くても乗りさえすればOKとしてしまうなんてことありがちです。

 

まとめ

タテ、ヨコのミスどちらも防ごうとすると、結果自分を苦しめることに。ショットのミスの許容は、持つ番手で違います。どちらかをOKにすることで、楽に打つことを心がけよう!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です