ゴルフ|1ラウンド、全部ピンを刺したままパッティングしてみた!


スポンサードリンク



2019年の改正で一番大きく変わったルールは!?

お早うございます!~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

2019年はゴルフ界にとって大きな転機になりましたね。何と言ってもルールの改正が最近の中で著しく変更されました。

その中でも「ピンを刺したままパッティングしてもOK」はプレーが大きく変わります。

確かにアマチュアのラウンドでも様々な状況が変わります。

セルフの場合、ピンを抜くのを忘れて慌てて近い人が抜きに行ったり

、遠めのパッティングのとき「ピンを持っていてください」とか言いたいけど…、なんて気を使ったりすることがなくなります。

とにかくグリーン上の進行が大幅に変わりますね。

このルールは「プレーファースト」が前提で変更されたルールなんですが、人によって刺したり抜いたりを繰り返したら逆に時間が掛かっちゃうんじゃないか?なんて余計な心配してしまいます。

1ラウンド全てピンを刺したままパッティングで回ってみた

ラウンドのスタート前、このルールに関して話題になりました。

友人のシングルくんから「今日全部ピン刺したままラウンドしてみない?」との提案が。

何故かというと、前回ピンを抜かずにパッティングしたら非常によかったから、だそうです。

ピンを刺したままだと、どうもピンに弾かれちゃうんじゃないかと心配になります。

実際にプロも「今まで通りピンを抜く」と言う方の方が多いようです。

そんなことないって、とシングル君は言います。

でも実際にプレーしてみないと分かりません。折角なので試してみました。

意外に弾かれない!?ピンを刺したままのパッティングの結果は?

ロングパットの場合、どちらにせよピンでカップの位置を測るのでそれ程抵抗はありませんでした。

問題はショートパットです。

ピンが刺さったままだと、カップが異常に狭く見えます。「チョットでもピンからずれると弾かれて入らないんじゃね?」と心配になります。

実際にパッティングしたところ、無意識にピンとカップを狙ってしまっているようです。

しかし、シングル君は短い距離をバンバン入れていました。

「あれ、弾かれないの?」ガシャンといい音を立てて全てカップに吸い込まれていきます。

私も短い距離はピンを狙って強めに打ってみました。

ガシャン!

おおっ、入る!全然弾かれません。むしろピンが揺れて衝撃を吸収してくれるようにみえます。

一度入ると分かると、次からは自信をもってパッティング出来ます。

私も最後まで弾かれて外れたことはありませんでした。

恐らくですが、弾かれる場合は強すぎてどちらにせよカップインしていないんだと思います。


スポンサードリンク



ピンを刺したままの方がパッティングした方がいい場合と注意点は?

シングルくんもそうですが、後日コーチに訊いたところ

「間違いなくピンを刺したままの方が入りますよ」とのこと。

最近のピンの素材は、カーボンなど軟らかいものを使用しています。かなりの衝撃を吸収してくれます。

但し、いまだに硬い素材やピンの竿が太いものを使用されている場合は、注意が必要です。

更に時折、カップが平行になっていないと斜めにピンが刺さっている場合があります。

風が強いと、旗のはためきが強く音がうるさい場合などもあります。

新たに観察しなければいけないことが増えたようですね。

ひとつ私の経験上、気を付けなければいけないことがありました。

それはカップイン後球を拾い出す際に狭い中から取り出すため、気を付けないとカップのふちを傷つけてしまう恐れがあります。

大事なマナーですので、気を付けたいものです。

まとめ

2019年のルール改正でピンを刺したままパッティングしてもOKとなりました。

ピンに弾かれてしまうのではないかと、心配があったので実際のラウンドで全ホールピンを刺したままのプレーを試してみました。

意外にも一度も弾かれることなく、全てきっちりカップインしました。

刺したままの方が入りやすいという結果が出ました。

今後のプレーが変わるかもしれませんね?

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です