ゴルフ|安定度がグッと増す足底筋(足の裏)トレ


スポンサードリンク




お早うございます。(*・ω・)ノ

 

足の裏 (足底筋)が弱くて、スイングが安定しない

ゴルフスイングにおいて、唯一地面に接地しているのは足の裏です。

ここ一番でマン振りしたが、足の裏がペロリと地面からめくれて、大ダフリ( ノД`)シクシク…

何とひ弱な足の裏か・・・・・・。

プロのスイングって、フィニッシュをとっても、左の足が地面にピタッと止まってかっこいいですよね?

ぶれないスイングの土台だってことがわかります。

現代人は偏平足で足底筋が弱くなっている

昔の人に比べて、かなり弱くなった部所だといわれています。

昔は裸足だったり下駄だったり、固い地面から、まともに刺激されるのが日常でした。

現在は、靴の進化が素晴らしく、履き心地、長く歩いても疲れないなどの工夫が凝らしています。

その功罪で、足の裏の筋肉が弱まり、偏平足も増加したと聞いています。

足裏のアーチは非常に大事で、弱くなってくると歩行に影響が出て、日常の生活にも支障をきたします。

アスリートは偏平足が多い!?実は足底筋の発達のせい

 

アスリートの足型をご覧になったことがあるでしょうか?

実は、土踏まずのがないです。

えっ!(゚Д゚≡゚д゚)エッ!? ダメじゃん。

と、お思いでしょうが、そうらしいです。

なぜか?それは、土踏まずの凹の部分に筋肉がモッコリついているからです。

その筋肉を「足底筋」といいます。

この筋肉なかなか鍛えにくい場所で、現代の生活ではなかなか強くなりません。

柔道選手は非常にこの筋肉が強いと聞いたことがあります。

「畳をつかむ力」はマストなので、皆さん頑張って鍛えているようです。

ゴルフも足底筋を鍛えて「芝をつかむ力」が強くなれば、非常に安定するとは思いませんか?

 

足底筋(足裏の筋肉)を鍛えよう

一番メジャーなのはタオルギャザーといわれるトレーニングです。

タオルを床に置いて、指の力だけで少しずつ引きよせます。

また、日常でもできます。

家の中で裸足に指でいつも床をつかまえるだけでも、非常に効果があります。

また通勤電車でも靴の中でしっかりとつかむことでも十分効果的です。

足指でジャンケンするのもいいらしいです。

因みにワタクシは、カーフレイズ(ふくらはぎを鍛えるトレ)のときにも、同時に指で床をつかまえる意識で行なっています。結構きついです( ノД`)シクシク…

まとめ

現代人は足の裏が弱くなり、踏ん張れなくなってきています。地味なトレーニングですが、足底筋を鍛えて安定したスイングを目指しましょう!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です